学習指導要領を押さえよう 教採試験の主軸テーマ(3)

今回は、新学習指導要領について学ぼう。今年度から移行措置も始まっているので、来夏の2020年度教採試験では、筆記、面接、論作文とも、新学習指導要領が軸となるだろう。

小中学校、高校と分けて主な特徴を示す。

〔小中学校〕
〇「社会に開かれた教育課程」の実現目指す

小学校、中学校の新学習指導要領は、17年3月に告示。全面実施は小20年、中が21年。

改訂は2030年の社会と子供たちの未来を見据えて審議された、中教審の答申「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領の改善」(16年12月)に基づき行われた。

答申については、①学校教育を通じて子供たちに育てたい姿(3章)②社会に開かれた教育課程(4章)③学びの地図としての学習指導要領(4章)④改善すべき事項をまとめ枠組みを考える六つの視点(4章)⑤カリキュラム・マネジメント(4章)⑥主体的・対話的で深い学び(4・7章)⑦何ができるようになるか(5章)⑧何を学ぶか(6章)⑨どのように学ぶか(7章)⑩評価の三つの視点(9章)――などを押さえておこう。

改善すべき事項をまとめ、枠組みを考える六つの視点、①何ができるようになるか②何を学ぶか③どのように学ぶか④子供一人一人の発達をどのように支援するか⑤何が身に付いたか⑥実施するために何が必要か――は重要なので頭に入れておく。

学習指導要領としては、「社会に開かれた教育課程」という目指す理念を掲げ、「よりよい学校教育を通じてよりよい社会を創るという目標を学校と社会とが共有し、それぞれの学校において、必要な教育内容をどのように学び、どのような資質・能力を身に付けられるようにするのかを明確にしながら、社会との連携・協働によりその実現を図っていく」としているのが特徴。

文科省「小学校及び中学校の学習指導要領等に関する移行措置並びに移行期間中における学習指導等について(通知)」(17年7月)などもチェックしておこう。

〔高等学校〕
〇高大接続改革への対応目指す

高等学校の新学習指導要領は、2018年3月に告示。19年度から移行措置が始まり、22年度から年次進行で実施。小中の改訂を踏襲しながら、高大接続改革への対応を見据え、高校教育を含む初中教育改革と、大学教育改革、大学入学者選抜改革の一体的改革の中で実施される改訂となっているのが特徴。

基本的な考え方を示す。

▽従来の我が国の学校教育の実践や蓄積を生かし、未来社会を切り拓くための資質・能力を確実に育成することを目指す。子どもたちに求められる資質・能力とは何かを社会と共有し、連携する「社会に開かれた教育課程」を実現。

▽知識の理解の質を高め資質・能力を育む「主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善」を求め、「何のために学ぶのか」という学習の意義を共有しながら、授業の創意工夫や教科書等の教材の改善を進められるよう、全ての教科等を①生きて働く「知識・技能」②未知の状況にも対応できる「思考力・判断力・表現力等」③学びを人生や社会に生かそうとする「学びに向かう力・人間性等」――の三つの柱で再整理。

各学校における「カリキュラム・マネジメントの確立」もポイント。現代的な諸課題に対応しての教科等横断的な学習の充実、「主体的・対話的で深い学び」の充実などのために、学校全体として、学習効果の最大化を図るカリキュラム・マネジメントの確立を目指す。

教科・科目の構成を改善しているので、その確認をしておく。改編では「探究」という言葉が目立つ。「総合的な学習の時間」が「総合的な探究の時間」になったほか、「古典探究」「地理探究」「日本史探究」「世界史探究」、「理数探究基礎」「理数探究」などが新設された。

関連する高大接続改革については、中教審答申「新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について―すべての若者が夢や目標を芽吹かせ、未来に花開かせるために」(14年12月)をチェックしておこう。

(教育新聞教採試験担当班)