学習指導要領を押さえよう 教採試験の主軸テーマ(3)

今回は、新学習指導要領について学ぼう。今年度から移行措置も始まっているので、来夏の2020年度教採試験では、筆記、面接、論作文とも、新学習指導要領が軸となるだろう。

小中学校、高校と分けて主な特徴を示す。

〔小中学校〕
〇「社会に開かれた教育課程」の実現目指す

小学校、中学校の新学習指導要領は、17年3月に告示。全面実施は小20年、中が21年。

改訂は2030年の社会と子供たちの未来を見据えて審議された、中教審の答申「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領の改善」(16年12月)に基づき行われた。

答申については、①学校教育を通じて子供たちに育てたい姿(3章)②社会に開かれた教育課程(4章)③学びの地図としての学習指導要領(4章)④改善すべき事項をまとめ枠組みを考える六つの視点(4章)⑤カリキュラム・マネジメント(4章)⑥主体的・対話的で深い学び(4・7章)⑦何ができるようになるか(5章)⑧何を学ぶか(6章)⑨どのように学ぶか(7章)⑩評価の三つの視点(9章)――などを押さえておこう。……