来年の再挑戦に向けて 夢が叶わなかったあなたへ(上)


2019年度の教員採用選考の結果が、各自治体から公表される時期になった。

教員への夢がかない社会への扉が開けた人と、今一歩届かなかったという結果の人がいる。悲喜こもごもだと思う。

これまでの取り組みの差異こそあれ、今の自分の「頑張った」証を大切にすることが次につながると考えたい。お疲れさまでした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。