来年の再挑戦に向けて 夢が叶わなかったあなたへ(下)

帝京科学大学教育人間科学部教授 剱持 勉



2019年度の教育採用選考の倍率低下傾向は、教員の質を保証できるか心配する声も上がっている。すると、いわゆる即戦力を求めて採用選考が進むことも予測できる。現場感覚に優れ、すぐに学級経営ができる教員の採用が優先されるようになるかもしれない。

こうした中、来年に向けてどのようにモチベーションを上げて、再スタートを切ればよいのであろうか。
(1)「なりたい自分」から「やりたい自分」に転換する

「教師になりたい」という願望だけでは、採用の道は厳しい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。