着任前講座 最新が分かる10の学校事情(4)「忙しさ」と時間外勤務の実情

月刊『教員養成セミナー』前編集長 教育ジャーナリスト 佐藤 明彦

学校の先生は忙しい――。教員志望者であれば、そうしたうわさは各方面から耳にしていることでしょう。実際、日本の教員の労働時間は、世界的に見ても長いというデータが、「OECD国際教員指導環境調査」により明らかになっています。

どのくらい忙しいかというと、1日当たりの平均労働時間が小学校11時間15分、中学校11時間32分(文科省「教員勤務実態調査」)。正規の勤務時間は1日7時間45分なので、毎日4時間近くも残業していることになります。月80時間程度。いわゆる「過労死ライン」に相当します。

もちろん、介護職員や長距離トラックの運転手など、それ以上に激務だといわれる職業もあり、教員だけが突出して長いわけではありません。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。