着任前講座 最新が分かる10の学校事情(7)教科となった「道徳」の特徴


月刊『教員養成セミナー』前編集長 教育ジャーナリスト 佐藤 明彦

2017年3月に告示された小・中学校新学習指導要領の新旧対照表を見ると、一つだけ全く変更のない教科があります。「第3章 特別の教科 道徳(道徳科)」です。なぜ、変更がないかといえば、この部分だけ15年3月に、先行する形で一部改正が行われたからです。そのため、すでに小学校では全面実施され、19年4月には中学校でも全面実施される予定です。

なぜ、道徳科だけが他より2年間先んじる形で実施する運びとなったのでしょうか。発端は、11年に滋賀県大津市で起きた中学生のいじめ自殺事件です。12年になってこの事件がメディアで大きく報じられる中、13年に教育再生実行会議が第一次提言「いじめの問題等への対応について」を公表し、五つの改革事項を提言しました。その一つが、道徳の教科化でした。

余談ですが、安倍首相は道徳の教科化に並々ならぬ思いがあり、第一次内閣時代の教育再生会議においても、08年に「徳育」の教科化を提言しています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。