面接の○回答×回答 (140)合格の成否を分かつ決め手

eye-catch_1024-768_tukada-miyazawa

テーマ

教員の勤務時間が問題となっています。勤務時間についてのあなたの考えと問題の対応策を述べてください。

○回答

◯教員の勤務時間とは教員が任命権者の指揮監督の下、職務専念を義務付けられる時間のことで、教員の職務は校務の遂行であると考えます。「校務」の内、中心となるのは児童生徒の教育です。その他、教務、児童生徒の指導、事務、非常災害時における業務など学校全体の仕事が含まれます。すなわち教育課程に基づく学習指導、学校の施設設備、教材・教具の管理、文書作成、処理、保護者との連携など極めて多様です。教育の営みは教師の力量と主体性に大きく左右されます。児童生徒に最高の教育を提供するためには、1日24時間をタイムコントロールする力が必要です。

勤務時間の問題は、働き方改革の流れの中で教員の勤務形態、労働時間が注目され話題化したものだと考えます。勤務時間の長短は経験によっても違いがあるので、先輩教師のノウハウを継承し、公務員としての意識改革などを対応策に考えています。

[コメント]

 ◯教員の勤務時間の捉え方が的確です。教員の働き方を巡っては、中教審特別部会で議論されています。児童生徒に最高の教育を提供するために、1日24時間をタイムコントロールできる力を付けるという考え方にも共感します。教員には、①学習指導②生活指導③外部との連携折衝力④校務における企画・立案の力、円滑に校務を遂行する力―などが求められます。

×回答

 ×労働者の長時間労働に関連してさまざまな職種で働き方改革が話題になっています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。