押さえたい教育時事 その2 「いじめ問題の動向」


申し立てには重大事態として対応
〇いじめ防止に向けて意識改革を

いじめ問題は、学校現場における喫緊の課題であり続けている。いじめの防止や早期発見にどのような対策をとるのか、いじめの積極的な認知、それに伴う数値的データなど、押さえておくべきポイントは少なくない。

2013年に「いじめ防止対策推進法」が制定・施行された。各校において「学校いじめ防止基本方針」の策定が義務付けられたが、依然としていじめの課題は多く、この方針の見直し、ガイドラインの策定が実施された。

17年3月に文科省は、「いじめの防止等のための基本的な方針」の改定および「いじめの重大事態の調査に関するガイドライン」を策定をした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。