押さえたい教育時事 その3 不登校・暴力行為の動向



児童生徒の教育機会の確保へ

■高水準が続く不登校児童生徒数

不登校とは、「何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しないあるいはしたくてもできない状況にあるために年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を除いたもの」をいう。

2017年度の「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」(18年10月発表)の結果が公表され、各メディアで「いじめ最多41万件超」などと報道された。

調査結果の主な特徴は次の通り。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。