年明けから半年が勝負 本格的な勉強を始めよう

■年明けからスパートをかけよう

教員採用試験の本格的な対策を始める時期は、人によってさまざまである。ずいぶん前から準備している場合もあるが、本格的な対応や勉強を開始するのは、受験する年になってからという人が多いのではないだろう。

特に、志望する自治体の採用動向や過去問題を探ったり、問題集を買って週1~2時間取り組み始めたり、程度のスタートは1月くらいからが多いようだ。
■教育法規の勉強は早めに

筆記(教職・一般・専門)は、「こつこつと勉強する」派と「直前に集中して取り組む」派に分かれる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。