押さえたい教育時事 その5 特別支援教育

共生社会形成に向け活発な動き


子供一人一人のニーズに応じた教育

 特別支援教育の概念は、2007年4月の文科省通知「特別支援教育の推進について」で、「障害のある幼児児童生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取組を支援するという視点に立ち、幼児児童生徒一人一人の教育的ニーズを把握し、その持てる力を高め、生活や学習上の困難を改善又は克服するため、適切な指導及び必要な支援を行うものである」とされている。

 共生社会形成に向けたもので、「自立・社会参加を支援」「教育的ニーズに応じた指導と支援」「発達障害も対象、全ての学校で実施」などが要点である。

 07年の学校教育法一部改正により、特殊教育から特別支援教育に転換。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。