集団討論を攻略しよう 建設的な話し合いをリードする

知的共同作業を成功させるには

二次試験の直前対策として、集団討論を取り上げる。何人かの受験者を一つのグループとし、一つのテーマを与え、受験者同士で討論させる。採点官が討論のプロセスを見て、各自を評価する――これが集団討論の概要である。討論を通して、受験者が採用後、教員としての職責を果たせる資質・能力を持った人物であるかどうかを判断するものである。

集団討論の形式などを把握する

集団討論は、面接試験ではかなり難しいものというイメージがある。一つの課題について数人で討論しなくてはならないので、苦手意識を抱いている者も少なくない。

まず、集団討論の在り方を見てみよう。一般的な実施形態は自治体によって若干異なるが、次の通りである。

5~10人くらいの受験生が、車座あるいはアーチ状に着席する。面接官は2~5人が対応。時間は20~60分程度。

通常、冒頭に自己紹介し、その後、討論のテーマが発表される。5~10分程度自分の考えをまとめる時間が与えられてから、討論がスタートする。司会進行は、面接官が務める場合と受験生に任せる場合とがある。自由に討論させるケースもあれば、まず集団面接を行い、続いて討論となるケースもある。

討論という社会的場面における言動を通して、教員の資質・能力を判断するのが狙い。判断力、協調性、表現力など教員として欠かすことのできない素養をチェックしていく。

タイプを押さえて対応しよう

討論のタイプは、主に次の三つ。

まずは、討論するタイプ。「組み体操の実施をどう考えるか」「スマホの学校への持ち込みに賛成か反対か」など是非を問うテーマで、自分の意見を述べ、討論する。意見の異なる者に反論することもある。

次に、協議するタイプ。「チーム学校を成功させるにはどうするか」「いじめが起きるのは、今の子供たちにどのような問題があるからだと考えるか」などのテーマにつき、対応策、解決策を話し合う。

三つ目は座談会スタイル。「SDGs(持続可能な開発目標)と学校教育の関連について」「教員はなぜ多忙なのか。その解消法は」などのテーマにつき、自由に意見を述べ合う。

提示されたテーマについて、短い時間でその構造をしっかり把握し分析することが求められる。討論が始まれば、各自の意見、経験、知識などを出し合い、テーマの焦点化、テーマの深化、課題解決の対策、解決策のまとめ、次の課題への転換、収束への転換へと論を進めていかなくてはならない。かなりの知的共同作業といえる。

採点官は、この討論のプロセスを評価するのである。一人一人の言動に着目し、全体として評価していく。教員としての自覚、専門性の下での討論になっているか、他の意見を受容する協調性があるか、意見をまとめる統率力があるか、などもポイントとなる。

集団としての話し合いを目指す

採点官がみる主なポイントを挙げておく。

▽与えられたテーマの本質を的確に捉えて、討論が進められているか
▽そのテーマに即した具体的な知識、内容が述べられているか。特に関連する答申、教育施策などが適切に示されているか
▽集団としての討論になっているか。意見が出ない、または一人の意見が突出するなどの事態になっていないか
▽各自の意見が適切かつ公平に述べられ、論理的な話し合いとなっているか
▽各自が時間配分に留意するなど、集団で討論することの成立に配慮しているか
▽教員としての自覚の下に討論に参加しているか
冷静に聞き、冷静に述べる

これらを念頭に、採点官によい印象を残す方法を考えてみよう。

▽最初に発言する=第一声を発してみよう。討論のスタートには、一瞬の沈黙が訪れることが多い。他の受験者の出方をうかがってしまうからだ。そこで思い切って最初に発言すれば、印象に残るし、積極性も評価される。
▽冷静さを保つ=他の受験者から自分の意見に反対されたりして、思わず感情的になってしまうことがある。冷静さは大きな評価につながる。相手の意見をよく聞き、尊重する態度を示すのが大事。建設的な討論になるよう努めよう。
▽目立つ=採点官は他の受験者と比較しているわけだから、目立たなくてはいけないのは確かである。しかし、「他の発言を中断させて発言する」「話の流れを強引に自分の趣意に導こうとする」「話を強引にまとめる」のは避けるようにしたい。「積極的に討論に参加しながら、要所でまとめていくことができる」「テーマの本筋から討論が外れそうになったとき、修正する発言をする」などができれば、「目立つ」はずである。