押さえたい教育時事 その9 中教審諮問


Society5.0時代の教育の在り方を


文科相は今年の4月、中教審に「新しい時代の初等中等教育の在り方について」を諮問した。審議事項は、①新時代に対応した義務教育の在り方②新時代に対応した高等学校教育の在り方③増加する外国人児童生徒等への教育の在り方④これからの時代に応じた教師の在り方や教育環境の整備――の4点となっている。
小学校教科担任制に注目集まる

諮問では、初等中等教育について、国際的にみても高水準の教育が行われているとの現状認識を示した上で、社会の急激な変化とともに顕在化してきた課題を列挙し、Society5.0時代の教育・学校・教師の在り方について、目指すべき方向性を提起している。

具体的な諮問項目として、前述の4つのテーマを挙げている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。