キーワードをしっかりと 背景、内容を自分でまとめる

教育時事対策をスタート

教採試験において重要度の高い教育時事に関しては、なるべく早めに取り組み、キーワードについては自分で調べて、しっかりと把握しておく必要がある。それに対する自分の考えもまとめておこう。

教育時事は過去3年分を押さえること、と言われている。加えて試験直前(3月くらいまで)の時事がよく出題される。

一見、範囲が広そうだが、時事全般、特に政治や経済に比べて教育の内容はそれほど広いわけではない。学習指導要領、生徒指導・問題行動などの項目に分けて時事を整理し、キーワードをピックアップしよう。欲張らずに精選して、30ワード程度が適当なのではないか。その程度ならしっかり覚えられるだろう。

キーワードの背景、意味、課題などについて、自分で調べてみることをお薦めする。教育新聞電子版で過去のニュースや解説を検索し、経緯や背景を押さえる。

また、最新の教育時事を整理した書籍や教育関連ウェブサイトを参考にするのもよいだろう。それらを基に自分の言葉でまとめていくと、キーワードの内容、要点がスムーズに頭に入ってくる。

説明だけではなく、その事案に対する自分の考えも付記しておこう。こうすると面接の際に、自分の意見をしっかりと述べることができ、面接官からよく勉強している、と評価されやすい。

また、同じ教員志望者や知り合いの教員と事案について意見を交わすのもよい。

例えば「ブラック校則の問題点」「携帯・スマホの持ち込み」「児童虐待防止への学校の対応」などについてである。他の考え方を知ることによって意見の幅が広がり、柔軟な対応が可能になる。本紙が展開している時事に対する読者投票『Edubate』も役立ててほしい。

現時点で重要と思われるキーワードを別表に挙げた。ぜひ、各自でその内容を調べて、まとめる作業に取り組んでもらいたい。

文科省の各種答申や通知もそろえ、今のうちから教育時事キーワードを押さえておけば、論作文、面接の大きな力となる。

[vc_btn title=”「押さえたい教育時事」の記事をもっと読む >” style=”classic” shape=”square” size=”lg” align=”center” link=”url:https%3A%2F%2Fwww.kyobun.co.jp%2Ftag%2Fk20181219_01_tag%2F|||”]

関連記事