学級担任って大変なの?(10)充実の2学期とするために


暦は10月になり、2学期が始まってひと月がたった。2学期は学年で一番長い学期である。運動会、学芸会、文化祭など行事も多く、校内研究などもまとめに向け、深めていかなくてはならない。充実の学期とも言われ、若手教員は子供と共に成長していくことが求められる。

初任者研修をはじめ、1学期から夏季休業中にかけてさまざまな研修に取り組んできたであろう。これらの研修を通して磨かれた資質・能力を実際の教育の場で生かせるかどうかは、2学期の授業実践にかかっていると言われている。率先して授業研究に取り組みたい。自己の授業を絶えず振り返り、次につなげられるよう工夫することが、教師力の発展に直結していくのである。

夏季休業中は1学期の実践の振り返りの上に立って、普段はなかなか時間をかけられないさまざまな教材や資料作りに励んだであろう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。