【面接の○回答×回答(151)】気になるニュースをどう語る

eye-catch_1024-768_tukada-miyazawa

テーマ

最近気になっている教育関係のニュースと、その理由を教えてください。

○回答

私が気になっているのは「小学校における教科担任制」のニュースです。今年の4月、中教審で小学校の教科担任制が検討されているとのニュースが報じられて以来、この関連の話題が多くなりました。教科担任制の効果が大きく報じられています。私にはそれらを導入することが独り歩きしているように思えたからです。

教育実習のときに感じたのですが、高学年で理科、音楽、図画工作の教科担任制、少人数指導、交換授業が実施されています。しかし、このニュースに関して現場の先生方に質問してもあまり関心がないような反応でした。あまりにも忙しすぎるからでしょうか。

この問題について現場の先生方が、自分たちの問題として、地域や子供の実態に応じた課題の議論を深めなくてはいけないのではないかと思っています。

[コメント]

小学校における教科担任制について、いくつかの報道内容を自分なりに把握して、気になっている点について答えています。取り上げた理由とともに自分の考えもまとめている答え方です。本紙の教採対策でも取り上げているように、教育時事のキーワードについて、背景、内容、自分の考えをまとめて書き出すことを勧めます。

×回答

「小学校における教科担任制」のニュースです。学級担任で全教科を得意としている教師はそう多くはないと思います。ですから各教科の専門の人が教える方が効果を期待できると思います。子供たちも保護者もそれを望んでいると思います。

[コメント]

この回答は取り上げた理由が答えられていません。もっと問題に正対し、なぜ取り上げたかという理由を明確に説明することです。ニュースに続いて自分の思いらしいことを述べています。

しかし、それも上っ面をなでたような浅いものです。まず行動を起こしなさい。自分で教育時事のキーワードについて調べるのです。この問題でいえば、学級担任制と教科担任制のメリット、デメリットについてまとめることから始めるのです。教育時事の教育関連ウェブサイトを参考にするとよいでしょう。

アドバイザー・塚田 亮 元東京都公立学校長