【学級担任って大変なの?(12)】いじめにはしっかり対応


先般、文科省から2018年度の「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」結果が公表された。概要については11月14日付の当紙面で紹介した。問題行動の中でもいじめは学校教育現場において大きな課題である。調査結果でも、いじめを認知した学校の割合は、小学校85.8%、中学校85.2%、高校62.7%、特別支援学校42.7%と特に小中で非常に高い比率を示している(別表)。

学級担任としては、いじめには積極的に関わり解決に向け努力しなくてはならない。授業と並んで、学級担任の最も重要な仕事と言ってよいだろう。いじめに対して学級担任はどのように取り組むのかを見てみよう。

学級担任として大切なのは、いじめが集団による行動を伴っているケースが多い、という理解である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。