採用までの留意点は 説明会、面接には適切に対応

教員人生のスタートに向け


今夏実施された教採試験は、既に合格発表が行われ、念願をかなえた合格者は大変喜んでいることだろう。各自治体では合格者向けの説明会が開かれると共に、教育委員会や学校などによる配属校を決めるための面接が始まっている。来年4月に教壇に立つまでの留意点などを紹介しよう。

合格者に対する説明会では、採用に際しての提出書類、面接など配属に向けた今後のスケジュール、健康診断など必要事項への対応についての説明がある。内容をきちんと把握して、適切に取り組まなくてはならない。採用前の研修を実施する自治体もある。

面接については、個々に連絡が来る。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。