【教員採用試験の勉強の進め方(3)】論作文の精度を高める

帝京科学大学教育人間科学部教授 釼持 勉
この連載の一覧
教員採用試験の勉強の進め方
質の高いキーワードを用いて

論作文は、書き慣れることが上達の決め手となります。そのためには、日頃からどのように取り組めばよいかを十分理解しておく必要があります。また、どのように書いたものがよい論作文となるかを実感することが大切になります。
1. 論作文のテーマ性を意識して書き慣れる

論作文は、ある程度決まった出題パターンがあります。例えば、「いじめ問題は本県においても大きな問題となっています。あなたは学級担任として、いじめの認識と合わせて、どのような対策をしていくのか、600字以内でまとめなさい」といったテーマであれば、いじめの認識、いじめに対する対策、学級担任としての認識を中心に論述します。

前回述べたように「いじめの認識」を「どの学校でもどの学級でも起こり得る、人として許されない行為」の認識、さらに「問題行動調査によれば、冷やかし、からかい、悪口によるいじめが増加している」という実態に対する認識を示す。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。