集団討論のポイントは 練習をしっかりやろう

傾聴力、発言力、表現力を示す

集団討論に苦手意識や不安を抱えている受験者は少なくないだろう。集団討論の練習は、ほとんどの受験生がきちんとできていないと言ってよい。テーマを設定したり、練習に参加する人数を集めたり、時間を設定したり、手間がかかるのである。だが、集団討論は、採用試験の中でも採点配分が高いともいわれており、できるだけ適切に対応したい。そこで、集団討論に対する不安解消のため、練習のやり方と、試験の際必ず押さえておきたいポイントを見てみよう。
個人面接以上に差が付く試験
集団討論は、「コミュニケーション能力」「協調性」「積極性」などを見極めるために行う。特に「傾聴力」「表現力」「発言力」の有無が問われる。個人面接以上に差が付きやすい重要な試験といえる。

形式を見ておこう。集団討論は、5~10人ほどの受験生が、車座あるいはアーチ状に座り、これに2~5人の面接官が対応する。時間は20~60分程度。冒頭、自己紹介をしたあと、討論のテーマが発表され、5~10分程度自分の考えをまとめる時間が与えられる。

討論の司会進行は、面接官が務める場合と受験生に任せる場合とがある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。