集団討論のポイントは 練習をしっかりやろう

傾聴力、発言力、表現力を示す

集団討論に苦手意識や不安を抱えている受験者は少なくないだろう。集団討論の練習は、ほとんどの受験生がきちんとできていないと言ってよい。テーマを設定したり、練習に参加する人数を集めたり、時間を設定したり、手間がかかるのである。だが、集団討論は、採用試験の中でも採点配分が高いともいわれており、できるだけ適切に対応したい。そこで、集団討論に対する不安解消のため、練習のやり方と、試験の際必ず押さえておきたいポイントを見てみよう。


個人面接以上に差が付く試験

集団討論は、「コミュニケーション能力」「協調性」「積極性」などを見極めるために行う。特に「傾聴力」「表現力」「発言力」の有無が問われる。個人面接以上に差が付きやすい重要な試験といえる。

形式を見ておこう。集団討論は、5~10人ほどの受験生が、車座あるいはアーチ状に座り、これに2~5人の面接官が対応する。時間は20~60分程度。冒頭、自己紹介をしたあと、討論のテーマが発表され、5~10分程度自分の考えをまとめる時間が与えられる。

討論の司会進行は、面接官が務める場合と受験生に任せる場合とがある。全く自由に討論させるケースも見られるし、集団面接に続いて討論をさせることもある。

集団面接は、基本的に個人面接と大きな違いはない。ただし、時間が個人面接より長いケースが多いので、その分、長く面接官から観察されているわけである。また、集団で面接されるので、個人より緊張感は少ないが、他の受験者と比べられている点を肝に銘じておいた方がよいだろう。

質問は個人的なものではなく、教育の課題や指導場面に対する意見などを聞くことが多い。質問により、先に発言した方が有利な場合、あとの方が有利な場合もあるが、他の受験生の話を否定せずに質問に対する自分の考えを端的にまとめて答えていけばよい。挙手の場合は、積極的に発言したい。

討論は制限時間を設けて練習

集団討論は、討論という社会的場面を通して受験生の教職への資質を判定するものであり、受験生にとっては厄介なものであろう。一つのテーマにつき受験生同士を討論させ、その過程を観察することで人物、人柄、能力などを評価するのである。

テーマに対して、まず各自で課題の構造をしっかり把握し分析するのが重要だ。次いで、討論が始まったら、討論の中で課題の焦点化、課題の深化、課題解決の対策、解決策のまとめなどと論を進めていかなくてはならない。かなり高度な作業でもあるので、事前の練習が求められる。

練習の仕方は別表の通り。これを参照して、数人の受験仲間たちで繰り返し練習してほしい。できれば、大学の先輩や教育実習、学校ボランティアなどで世話になった現職の教員に採点官を務めてもらう、などの協力が得られればベストである。

試験には必ず制限時間が設けられているので、まずは時間配分を決めることが大切だ。

練習に当たっては、きちんと時間配分をしよう。例えば、全体の制限時間を45分とする。各自がテーマについて考える時間を5分、意見交換する時間を20分、出てきた意見を一つにまとめる時間を15分、まとめた意見を発表する時間を5分、というようにする。時間配分を決めていないと練習の効果が薄くなる。

重要なのは、討論会ではないので、他の受験生を意見で負かそう、自分だけ目立とうとするものではない、ということだ。課題に対して、受験生それぞれが意見や知見を出し合って課題を分析し、問題点を浮き彫りにし、何が重要であるかを解明していく共同作業なのである。

グループ全員で討論を成功させて、全員で合格しようという気持ちが大切だ。練習のときからこの気持ちを持って取り組むことが望まれる。