【半年前の準備(2)】ベーシックな質問にどう対応 経験を整理しておこう

5つの定番質問の回答例を考える

前回、採用試験本番半年前の準備について紹介した。その第2弾として、面接のベーシックな質問に対する対応を考えてみよう。教採試験の面接において、どの自治体でもよく聞かれるベーシックな質問を取り上げる。対応は、自己PRにも生かすことができる。

面接は、知識をひけらかしたり、もっともらしい理想論を述べたりするのではなく、自分の経験を軸に答えるのが基本。これから本番までの間に、自己の経験をまとめておくと、面接だけではなく、論作文などにも活用できる。

面接の狙いは「常識や専門知識の評価」「性格や態度の評価」「価値観の理解」「対人関係能力・コミュニケーション能力の評価」などである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。