【学級担任って大変なの?(14)】年度末には学級経営の視点で自己評価①

 年が明けると、各学校では学校評価が始まる。今年度の教育活動を振り返り、その結果を受けて新年度の計画を作成していくための評価である。教職員一人一人は、自分の担当や分掌を中心に今年度を振り返り、成果や課題を明らかにしなくてはならない。自分なりに一年を振り返り、教育活動についての自己評価を進めていくことが求められる。

 学級経営という視点でどのような自己評価をすればよいのか。まずは、自分が担任している学級の子供一人一人を思い浮かべ、そして、学力、学習などの資料を基に考え、評価していくのである。

 学級は学校生活を送る上で子供たちが最も長い時間を過ごす場所である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。