【教員採用試験の勉強の進め方(8)】人権感覚と言語感覚

帝京科学大学教育人間科学部教授 釼持 勉
この連載の一覧
教員採用試験の勉強の進め方
教師として求められる必須の力
この連載では論作文、個人面接、場面指導を取り上げて、基本的な勉強の仕方と考え方、テーマ性の理解などについて述べてきました。

最終回は教員採用試験で何が問われているのを述べ、自己分析する際の参考にしてもらいたいと考えます。それは、人権感覚と言語感覚です。
①人権感覚を高める
「人権とは誰もが生まれながらにして持っている権利であり、誰からも犯されない権利である」ことが大前提です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。