【学級担任って大変なの?(16)】児童生徒の人権に配慮する①

 2002年に策定され、11年に修正された「人権教育・啓発に関する基本計画」の中で、子供に対する人権課題への取り組みを「学校教育については、人権教育の充実に向けた指導方法の研究を推進するとともに、幼児児童生徒の人権に十分配慮し、一人一人を大切にした教育指導や学校運営が行われるように努める。その際、自他の権利を大切にするとともに、社会の中で果たすべき義務や自己責任についての指導に努めていく」と示している。この基本計画は法務省のサイトで閲覧できるので、目を通しておくとよいだろう。

 これまで初任者研修や校内研修を通じて「人権教育」についての学びは適切に行われてきていると思われる。

 ここでは、日常的な児童生徒たちとの関わりの中における、学級担任の人権への配慮について考えてみる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。