面接官の印象に残すには 実践的指導力を積極的に示す

場面指導と模擬授業のポイント

「このようなことが起きた場合、あなたならどう指導しますか」。学校生活における1場面を想定し、どのように対応するかを問う場面指導。授業の単元などを指定して授業場面を展開させる模擬授業。いずれも教師を目指す者の実践的指導力をみる試験として実施される。それぞれ押さえておきたいポイントをみてみよう。
場面指導
自分の考えをしっかりと
児童生徒に対する1場面、保護者に対する1場面などのケースが多い。まずは設定された場面をしっかり理解することが求められる。あいまいな理解で答え始めるのではなく、「それはこういうことですか」と確認しても構わない。場面によっては不適切な対応があるわけだから、設定された状況をしっかり捉え、適切な対応を示す必要がある。

受験者の何を見ようとしているかというと、実践的指導力である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。