【学級担任って大変なの?(17)】児童生徒の人権に配慮する②

学級担任ならば、教室環境にも配慮しなくてはならない。自分が担任する教室の壁面などに掲示された子供たちの作品などについて人権教育の視点からの見直しが必要だ。専科の教員ならば自分が関わっている教室の掲示物などについて吟味してみよう。

例えば、教室に忘れ物表など貼り出してはいないか。忘れ物をすると×が一つついてグラフのようになっていくというものである。学習の進度に関して、誰がどこまでできたかなどといった一覧表など掲示してはいないか。

いずれも子供のプライバシーに関する情報であり公開してはならない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。