教育実習で成果を上げよう うまくいくポイントは①

事前の準備をしっかりと

新型コロナウイルス禍で4月以降学校現場がどのようになるか不透明であるが、新学期になると多くの4年生は、教育実習を意識し始めなくてはならない。実習は6月や9月に行われる場合が多い。早ければ5月に行われる。何があろうと準備は進めておかなくてはならない。

教育実習での経験は、教員採用試験としてだけではなく、今後の教師人生の財産ともなる。ぜひ有意義なものとすべく、早めに準備に取り掛かりたい。2回にわたり教育実習で成果を上げるポイントを挙げる。
教採では人間性が重視される
ここ数年、人間性重視などと言われているが、学校教育現場を体験できる教育実習では、教員採用試験に臨む上でも多くの貴重な知識、技能、示唆を与えてくれるだけでなく、採用時の最終的判断でも活用される場合もある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。