【神谷正孝の教育時事2019(8)】情報活用能力・情報モラル教育

kei塾主任講師 神谷 正孝

「教育の情報化に関する手引」(令和元年12月)から

皆さんこんにちは。仙台を拠点とする教員採用試験対策専門スクールkei塾主任講師の神谷です。新型コロナウイルス感染症対応の先行きが不透明な中、教育現場の皆さまは日々大変な毎日を過ごしていらっしゃることと存じます。そうした中、6月下旬より試験シーズン突入となります。他の公務員試験の延期対応も行われる中、不安な日々を送っておられると思いますが、どのような状況になっても平常心で臨めるよう、備えはしっかりと行っておきましょう。
「教育の情報化に関する手引」(令和元年12月)
「教育の情報化に関する手引」(令和元年12月)(以下「手引」)は、2017・18年告示学習指導要領において、「情報活用能力」が学習の基盤となる資質・能力と位置付けられ、教科等横断的にその育成を図ることが示されたことを受けて作成されたものです。

これまでも同様の「手引」が作られてきましたが、今回、その内容を全面的に改訂・充実するとともに、「プログラミング教育」「デジタル教科書」「遠隔教育」「先端技術」「健康面への配慮」などの新規事項を追加して作成されています。全文は文部科学省のウェブサイトからダウンロード可能です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。