受験者はいま何をすべきか 本紙論説委員がアドバイス

試験の動向が不透明

新型コロナウイルスで教育現場は、これまでにない混乱に陥っている。今夏に予定されている2021年度教員採用試験も同様であり、この先の動向は不透明である。受験を予定している者は、大きな不安を抱えていることだろう。そこで、学校管理職の経験が豊富な本紙の寺崎、細谷の両論説委員から、いまどのような心構えでいるべきか、何を準備するべきか、受験者へのアドバイスをもらった。

「読む・聞く・見る」ことに努める
本紙論説委員 寺崎 千秋
■基本的な事項を改めて確認
採用試験の今後の見通しは、情勢が刻々と変わっていくので定かではありません。まずは、教育委員会のホームページ、大学の学生課、卒業した学校や実習した学校の校長らといった情報源、ネットワークの確認を怠らないようにしましょう。

採用試験は状況により内容や方法などの変更も予想されますが、これまでに学んできた基本的な事項を改めて確認しておきましょう。皆さんはこれから約10年、新教育課程のもとでの教育や学校運営の主体者です。

キーワードである「社会に開かれた教育課程」「資質・能力の三つの柱」「カリキュラム・マネジメントの確立」「主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善」などについて「書ける・話せる・示せる」よう、「読む・聞く・見る」ことに努め学習しておきましょう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。