【学級担任って大変なの?(18)】社会人としての言葉遣い

教師は児童生徒のお手本でもあるから、普段から丁寧で適切な言葉遣いをしなくてはならない。学級担任になれば保護者と連絡を取ることが多いので、なおさらである。それは、若手や新任教師であっても同じこと。社会人としての言葉遣いが求められるのである。

「言葉遣いは心遣い」とも言われ、相手への思いやりと自分の心を伝えようとすることが大切である。身近な例をとって、丁寧な言葉遣いの在り方を見てみよう。

普段から非常によく使う言葉に「すみません」がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。