【合格する面接対策(6)】模擬授業② 導入の工夫が大事

元帝京大学・帝京科学大学教授 釼持 勉
この連載の一覧
2021年度教採試験本番直前―合格する面接対策
今回は模擬授業の導入の在り方に焦点を当てます。模擬授業は児童・生徒役が試験官の場合と受験者の場合があります。いずれの場合も限られた時間内にどう展開するかがポイントです。導入時に留意するとよいでしょう。
(1)目標提示までの道筋を決める
いきなり目標提示はしません。目標提示までの道筋は、授業開始のあいさつ、前時の振り返りがあり、次いで目標の提示です。本時の学習の流れ(ゴール設定)までを描くことが大切です。ゴールにたどり着くまでに、何を活用して、どんな板書するかなどを決めなければなりません。
(2)前時の振り返りを的確に行う
短時間で前時を想起できる具体的な振り返りのための手だてを講じる必要があります。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。