【教員採用試験に向けて(2)】解決志向の生徒指導を

神田外語大学客員教授 嶋﨑 政男
この連載の一覧
教員採用試験に向けて―問題行動をどう考え、どう答えるか

生徒指導の基本姿勢
「生徒指導上の問題を起こしてしまった児童生徒を指導するとき、どのような姿勢で臨みますか」という問いにどう答えますか。

「社会的自立を促すことを目指します」「発達課題を乗り越えられるよう支援します」――。どちらも遜色ない出来栄えの回答ですが、論語読みの論語知らずでは困ります。

「嘘を言っていたのに、信じ続けてくれた先生には今でも申し訳ない気持ちを持ち続けています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。