【教員採用試験に向けて(6)】心情に寄り添った対応が求められる

神田外語大学客員教授 嶋﨑 政男
この連載の一覧
教員採用試験に向けて―問題行動をどう考え、どう答えるか

クレーム問題とは
保護者からの学校への苦情・要求はあって当たり前で、そのこと自体に何ら問題はありません。「子を思う親心」に思いをはせれば容易に理解できることです。

「問題」となるのは、虚偽の申し立て・理不尽な要求や「子供の最善の利益」をそっちのけにした利得追求に奔走する「無理難題要求」です。

これを「クレーム」といいます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。