合格後はどのような流れに

勤務校決定は2~3月 説明会、面接、面談と続く

2021年度の教員採用試験に合格した者は、4月には教員として着任となる。夢がかない教壇に立つ日が目の前となった。この合格から着任までどのような流れなのかをここで見ておこう。適切に対応しなくてはならない場合もあるので注意したい。

合格通知が届く
教員採用試験に合格すると、合格通知が届く。喜びもひとしおだと思うが、一緒に送られてきた書類などへの対応を忘れないようにしたい。改めて個人情報を書いたり、確認したりするようなものであるが、きちんと読み込み、内容を把握するとともに返信が必要な場合はしっかりと返信しよう。

また、通知書は重要な書類であり、紛失しないように注意。採用候補者としてネットなどで申請申告をする必要のある自治体もある。この時、教員免許状の写しなど、いくつか書類の提出が求められる場合があるので、素早く適切に対応できるようにしたい。

合格発表から、採用・着任するまでのスケジュールは、自治体によって異なるので、詳細は各自で確認してもらいたい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。