【教員採用試験に向けて(7)】体罰と懲戒 体罰は「教育の破壊行為」である

神田外語大学客員教授 嶋﨑 政男
この連載の一覧
教員採用試験に向けて―問題行動をどう考え、どう答えるか

絶対に許されぬ「体罰」
「体罰」について意見を求められることがあります。「絶対にしません」。これ以外の答えは宇宙の果てまで探しても見つかりません。

体罰は、児童生徒の心身に大きな傷を残す「人格・人権侵害行為」です。児童生徒および保護者との信頼を断ち切り、自らの指導力不足と教育観の誤りを露呈する「教育の破壊行為」でもあります。

加えて、学校教育法第十一条で禁じられた明々白々の違法行為です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。