【教員採用試験に向けて(8)】危機管理 子供の安全・安心守る意気込みを

神田外語大学客員教授 嶋﨑 政男
この連載の一覧
教員採用試験に向けて―問題行動をどう考え、どう答えるか

学校安全と生徒指導
どこでもそうですが、学校は特に安全(施設・設備などの物理的安全)・安心(平穏に過ごせる心理的安心)に過ごせる場でなくてはなりません。学校教育法が掲げる学校教育の目標には「健康、安全で幸福な生活のために必要な習慣を養うこと」と、学校保健安全法には「児童生徒に生じる危険について、適切に対処すること」と明記されています。

学校は、児童生徒が「管理下」(休憩時間、通学途上などを含む)にある間、児童生徒の安全を確保する義務(安全配慮・安全保持)を負っています。

その中心的役割を果たすのが生徒指導です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。