【最新の教育評価入門講座(2)】何を評価するか…観点別評価

教育評価総合研究所代表理事 鈴木秀幸

この連載の一覧
教員志望者のための最新の教育評価入門講座
新しい学習評価は3つの観点で構成

知能検査は当然のことですが「知能」を評価(測定)するものです。学校での学習評価の「学習」とは何を評価するものでしょうか。これについて1950年代中頃までは、「能力」などと漠然と考えるのが普通でした。

1956年にアメリカのB・S・ブルームが「教育目標の分類学」という本により、「能力」の内容を分析的に考えることを提案しました。ブルームは認知的な能力に関して6つの能力、すなわち「知識、解釈、応用、分析、総合、評価」に分類できるとしました。この6つは「知識」を最も初歩的な能力とし、「評価」を最も高度な能力とする階層構造を持つとしました。さらに、ブルームは6つの能力を評価する問題例も示しました。

その後の研究で、6つの能力に分けて評価するのは難しく、実際評価できるのは「知識」を一方の極とし、「評価」を他方の極とする2つであることが分かりました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。