【最新の教育評価入門講座(4)】評価結果の示し方…相対評価から目標準拠評価へ

教育評価総合研究所代表理事 鈴木秀幸

この連載の一覧
教員志望者のための最新の教育評価入門講座
問題点の克服を目指すために

テストをして点数が得られたとします。その点数の意味を示す方法として、順位や偏差値などで示すことがしばしば行われます。このような示し方を相対評価と言ってきました。

相対評価は一定の集団の中でテストを受けた児童生徒がどの位置にいるかを順位や偏差値などで示すものです。厳密に言えば、相対評価は集団の大きさによってノルム準拠評価と集団準拠評価に分かれます。ノルム準拠評価は集団の大きさが非常に大きい場合、通常は一つの国程度の大きさを考えています。つまり国全体での児童生徒の得点の位置付けを示すものです。一方、集団準拠評価は、これよりも小さな集団、通常は学校内とか学年、クラス内での生徒の得点の位置付けを示すものです。

しかしながら、2001年の文科省の指導要録改訂通知により、学習評価については観点別評価と評定の両者とも、目標準拠評価となりました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。