【面接の○回答×回答(164)】絶対に許されないわいせつ行為

eye-catch_1024-768_tukada-miyazawa

テーマ

このところ教員のわいせつ行為に関わる報道が目立っています。このことについてあなたはどう思いますか。考えを教えて下さい。また、防止対策にはどのような手段が考えられるか述べて下さい。

○回答

教員による児童生徒に対するわいせつ行為、または、一般の人に対する同様な行為や痴漢行為、児童買春など、教員の不祥事がマスコミ報道されるたびに、教員を信頼してくれている児童生徒や保護者に申し訳なく思います。そして、同じ職を目指す者として自分のことのように恥ずかしい気持ちになります。そもそもこのような行為は、人として許されることではありません。特に教員は性格上高い倫理性が求められるので断じて許されてはならないことです。

このような状況を招かないように次のような防止対策を講じます。何よりも大切な存在である児童生徒の健やかな成長を求めてやまない教員集団をつくり、教員一人一人が互いの言動を指摘し合える雰囲気づくりと人間関係の醸成を大事にし、密室での指導は避け複数で行うようにするなどです。

【コメント】

教員のわいせつ行為などの報道を目にするたびにわがことのように恥ずかしく思い、児童生徒たちに対して申し訳なく思うという気持ち、この強い当事者意識に共感を覚えます。公立学校の教員は、服務内容として身分上の義務で、信用失墜行為の禁止(地方公務員法33条)があり、職員としての信用を傷つけ全体の不名誉になる行為はしてはならないとあります。

×回答

指摘されてみると確かに教員のわいせつ行為、痴漢行為、セクハラ、教え子に対する不適切な行為が目立っているように思います。しかし、教員といえども普通の社会人です。かつて教員は聖職者と言われていたようですが、現在は1つの職業人であると思います。その範囲で、教育の専門職として尽力すればよいと考えます。

しかしながら、一般の社会人も教員もわいせつ行為や痴漢行為、児童買春などといった行為が許されてよいはずがありません。教育の現場は児童生徒にとって最も安全で安心できる場でなければなりません。防止対策として移動教室、林間・臨海学園などの宿泊行事では複数での見回り、密室での指導は避けます。事情がある際はドアを開放し、養護教諭、主幹、副校長などの同席の下に行うなど場に即した防止対策に努めます。

【コメント】

「指摘されてみれば教員のわいせつ行為などの不祥事が目立っているように思う」とは人ごとのようで認識の甘さにがっかりします。教育公務員として信用を傷つける行為、一般に公序良俗に反する行為は勤務時間外でも適用されるのです。教育公務員は、職の性格上、高い職業倫理が関わることから一般の地方公務員より厳しい批判を受けるのです。後半の論述は結構です。

アドバイザー・宮澤義一 元東京都公立学校長

[vc_btn title=”「面接の○回答×回答」の記事をもっと読む >” style=”classic” shape=”square” size=”lg” align=”center” link=”url:https%3A%2F%2Fwww.kyobun.co.jp%2Ftag%2Fkyosai-mensetsu-answer_tag%2F|||”]

特集