【コロナ禍と教員採用試験(1)】今年の分析と影響


元帝京大学・帝京科学大学教授 釼持勉

この連載の一覧






コロナ禍は教採試験にも大きな影響を及ぼした。2021年度もまだ影響は続くと考えられる。そこで、コロナ禍の中での教採試験の課題と展望を、教員志望者の指導を広く行っている元帝京大学・帝京科学大学教授の釼持勉氏に6回にわたり執筆してもらうことにした。
学びの時間と場の確保が困難に

2020年の6月から9月にかけて実施された21年度教員採用試験においては、コロナ禍が多大な影響を与えました。学生や社会人の教員志望者の皆さんは戸惑いながらの受験になったかと存じます。その概要をまとめてみましょう。

コロナ禍の影響で採用試験に対する従来の取り組みはほとんどが困難になってしまいました。どのように勉強して、どのように試験を受ければよいか分からないという心配と悩みをもたない受験生はいないという状況だったと思います。
以下に3点について言及します。

1点目は、教採試験を実施している全国各自治体の多くは試験の内容を見直したということです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。