叱る・注意するを考える 指導の重要ポイント

「きちんと叱れる」ことを示すには

子供たちをどう叱ったり、どう注意したりするかは、実際の学校生活で重要なポイントである。上手に叱ることができるようになれば、教師として一人前、とよく言われる。面接や模擬授業では、児童生徒への対応として「このような場合はどのように叱るか」「実際に注意する場面をしてもらいたい」などと問われることがある。教師の叱り方を教採試験への対応を含めて考えてみよう。


■叱り方はなかなか学べない

叱り方というのは、本当に難しい。カッとして感情的に子供を叱り飛ばしてしまった、という経験を持つ教師は大勢いるだろう。

「叱るときは、感情的に叱ってしまうことが多く、叱った後にいつも反省している。叱られた後に、子供がやる気を出してくれるような、そんな叱り方を勉強したい」というような声を若手教師からよく聞く。

実際には叱り方を勉強する機会は、現場ではほとんどないだろう。

先輩の教師に授業は見せてもらうことはできても、叱り方を見せてもらうことはまずできない。逆の「褒める」というのは授業の中で計画的に位置付けることが可能であるが、「叱る」というのは突然で突発的なことが多いからである。最近は、保護者から「褒めて育てる」を家庭の教育方針にしているので、子供を叱らないでもらいたいという要望をされることもあるようだ。

学級のルールを破ったり、他人を傷付けたりすることをしたら、やはりきちんと叱らなくてはならない。試験でも、このような場面を示され、対応を求められる。

■叱るときの留意点は

一般的に教師が子供たちを叱るときの留意点は、次のようになる。

・感情的に叱らない

・なぜ叱られているのか、その理由を説明して分からせる

・同じ過ちを繰り返さないようにするにはどうしたらよいか考えさせる

・いつまでもくどくどと叱らない

・友人など他の子供と比較して叱らない

・タイミングを考える―悪いことを見つけたらすぐに叱る

・今叱っていることに加えて、関連した過去の過ちを蒸し返して叱らない

・人格を否定するような言葉は使わない

叱ったり、注意したりするときに使ってはいけない言葉の例を別表にしたので、参考にしてほしい。

他の子供と比較するのは、ひがみやすくなったり、下手をすると比較の対象となった子供を嫌いになったりしてしまう恐れがあるので注意したい。学級全体を叱るときに避けなければならないことは、前に担任していた学級と比較することだ。「前の年に受け持っていた学級と比べると、君たちは」などと非難したら、子供たちに嫌われることになる。

■なぜ叱られたのか納得させる

特に、留意したいのは「叱られた理由を分からせる」こと。

「叱る」「注意する」は、「改めさせる」を目指したものである。従って、「叱られた理由を分からせる」「できるだけ、その場で叱られている理由を納得させる」ことが重要となる。

理由を分からせ理論的に納得させることも重要だが、小学校高学年以上になるとプライドが高くなってくるので、感情的にも納得させる必要が出てくる。頭ごなしに怒鳴ったり、ネチネチ追及したり、追い詰めたりしないことが大事である。叱るときは別室に呼ぶなどの配慮も必要になる。事態の深刻さ、重要性を認識させるような場合は学級全体に共通する内容であれば、全員の前で叱ってもよいが、そうでない場合は個別に叱る配慮も必要になる。

試験では、「この内容は子供のプライドを考え、個別に叱った方がよいので別室で行うようにします」などと前提を説明してから、具体的な内容に言及していくとよい。

■人格ではなく行動に焦点を

「人格と行動を分ける」ことも重要だとされる。人格を否定すると傷付いてしまうので、行動に焦点を当てて叱り、自分が選んだ行動がいけなかった、と捉えさせ、そうしないためにはどうしたらよいか、考えさせるようにするのである。

「今回は、こういう行動がよくなかったんだよね」「では、どのようにしたら改善できるか考えてみようよ」など子供たちに考えさせる声掛けを織り込み、そうしないためにはどうしたらよいか、選択したり、判断したりする余地を残す。「あなたはだめだ」ではなく、「あなたのここがだめ」といって、改善できることを示すのである。

褒めるときはその反対で、「あなただからこそ、この成果が出せた」と強調すると効果が高い。

さらに、自分の面前で起きた行動や行為を叱るのではなく、他から報告された事項について叱ることが求められた場合は、「まず事実や原因をきちんと調べます」「注意する場所、状況、時間などに配慮します」「子供の言い分も聞いてあげるようにします」などに配慮することを強調しよう。

■普段からのコミュニケーションが大事

実際の学校生活において、叱る前提として最も重要なのは、普段からのコミュニケーションと褒めることである。叱ったことについて説明が求められたら、教師と子供たちのコミュニケーションがよくとれていることが大事であること、常に子供たちの長所をみつめて長所を認め、事あるごとに褒めていくこと、この2つが大事であると指摘したい。

叱る・注意するときに使わないようにしたい言葉

▽「だから言ったではないか!」→(実際は言ってないのに)

▽「お前はいつも○○だ」「またお前か」→(いつもではないのに)

▽「君は、何年生だ」「(例えば中学生に)小学生からやり直せ」→(いくつでも間違えることはある)

▽「あのときも、こうだったな」→(過去のことは加えない)

▽「だいたい君は(だめ)」「だから君は(だめ)」「君は一事が万事(だめ)」「本当に使えないやつだ」→(人格は否定しない)

▽「○○なくせに、こんなこともできないのか」→(決めつけない)