面接の要点を知る コミュニケーション能力が大事

 今夏の教採試験本番まで、あと半年を切った。受験を予定している人は、集中して試験勉強、面接対策などに取り組まなければならない時期である。近年の教採試験は、人物重視ということで、面接に重きを置いている自治体が多い。ここで改めて面接の全体像をつかみ、要点を学んでおこう。

(1)面接官

 まずは面接官について。

 面接官は主に次のような人が務めているケースが多い。

 ・ベテラン校長

 ・副校長、教頭

 ・教育委員会の指導主事

 ・民間企業の代表者・役員・人事担当者

 最近は、人物を多面的にみるということで、民間の企業人を登用しているケースも少なくない。校長など管理職としては、この人物(受験者)に自校の子供たちを任せてよいかどうか(特に担任として)というのが重要な主点である。
 
(2)面接でみる主なポイント

 (1)教育委員会として重視する点

 ・教育に対する熱意および使命感

 ・豊かな人間性と思いやり

 ・実践的な指導力

 この3点が教育委員会が望む教師像に基づいた評価のポイントである。受験する自治体がどのような教師像を望んでいるのかは、ホームページなどで公開しているので必ずチェックする。

 (2)個人面接でみる主なポイント

 ・性格、適性

 ・志望動機、教職への意欲

 ・コミュニケーション能力

 ・知識、教養、教職のレディネス

 ・表現力、説得力

 ・教育への情熱

 ・社会性(協調性、任感)

 ・積極性、来性

 ・人物の総合評価

 どのような人間性なのかをみるのが軸である。近年は学校の組織的側面、児童生徒理解、保護者・地域との連携などの面から特にコミュニケーション能力が重視されている。面接官ときちんと話せるということで、まずは話をしっかりと聞くことが求められる。

 (3)集団面接・討論でみる主なポイント

 ・協調性

 ・コミュニケーション能力

 ・表現力

 ・性格、適性

 ・社会性

 ・論理性

 ・指導力

 ・企画力

 ・態度

 「他の受験者の質問にも耳を傾ける」「同じ質問をされてもいいように準備する」「他の受験者と比較されるので、自分の意見ははっきりと話せるようにする」などが要点である。特に集団討論の狙いは、チームワーク能力のチェックであると言われている。討論の勝者が高く評価されるわけではない。積極性がありながらも、協調性を持ち合わせていることが大事だ。チームワークを大事にしながら、話を盛り上げていこうとする姿勢を見せるとよい。

(3)具体的な質問のカテゴリーと代表的な質問例

 (1)志望動機、自己PR

 ・なぜ、教職を目指しているのですか

 ・あなたのどのような資質が教師に向いていると考えていますか

 ・教壇に立つ前に直しておきたい点はどのようなことでしょうか

 ・当自治体を選んだ理由は何ですか

 ・10年後、あなたはどのような教師になっていると思いますか

 ・あなたにとって親友とはどのような存在でしょうか

 ・自分の長所や短所に触れながら、自己PRを1分以内でしてください

〈評価の観点〉

 ・論理性―筋道の通った話か

 ・表現力―聞き手が分かりやすいか

 ・積極性―謙虚な中に気迫が感じられるか

 ・将来性―教師としての資質や能力があるか

 (2)教育時事

 ・小学校における教科担任制のメリット、デメリットを教えてください

 ・学校教育におけるICTの活用について、あなたの考えを教えてください

 ・当自治体の問題行動の実態を分析してみてください

 ・規範意識低下についてどう思いますか

 ・小1プロブレム、中1ギャップについてのあなたの考えを述べてください

 ・あなたが考える「主体的・対話的で深い学び」とはどのようなものでしょうか

 ・コロナ禍の学校教育の影響、およびそれへの対応策についてあなたの考えを教えてください

〈評価の観点〉

 ・キーワードについて、その意味、問題点などをよく踏まえているか。識見、常識

 ・考えや見方が中正であるか

 ・具体的な対応策を考えているか―実践力

 ・知性や感性の豊かさを感じるか

 知らないことについて聞かれたら、適当に何かを言うよりも「すいません。勉強不足で分かりません。後ほど勉強します」などと言う方が印象がいい。黙り込んではいけない。

あなたへのお薦め

 

特集