【面接の○回答×回答(179)】指導力を高め続ける教員を目指す

質問

あなたが目指す教師像を教えてください。

〇回答

私が教員を目指すようになったのは、小学校で担任をしていただいた先生の影響が大きくあります。その後、中学校、高校でも同様に先生方から大きな影響を受けました。先生方に共通していたのは、常に児童や生徒の目線に立ち、同じ気持ちになって考えてくださるということです。一にも二にも児童生徒第一であったように思います。登校すればまず先生が迎えてくださり、給食の時も休憩時間や放課後も気が付けば目の届く所におられました。誰に対してもよいことは褒め、いけないことは諭すように正してくれました。私が目指す教師像の原型はここにあります。常に子供たちのことを考え、子供たちが学校にいる時間帯は可能な限り学びを共有し、かつ遊んでくれる、分け隔てなく常に公平である、学習指導は丁寧で徹底している、自ら学び、常に高い指導力を求めている、このような姿勢を持ち続ける教員を目指したいと思います。

【コメント】

小中高校を通じていい先生に巡り合い、いい影響を受けたわけですね。この方が目指している教師像はまさに期待される教師像そのものです。教員を志望した動機が恩師にあることが明確に述べられています。そして、自らも常に子供たちとともにあり、かつ高みを目指す姿勢に共感を覚えます。

×回答

保護者がわが子の学級担任に求めるのはどのようなことだろうと常に考えています。愛情と厳しさを兼ね備え、ぶれることのない指導ができる教師ではないでしょうか。以前は事の善悪をしっかり教える厳しい注意、指導がなされていたと思います。

今は、「そうだね、そのような考え方もあるね、じっくりと考えてみましょう。結論は一つではないのだから」というような指導が多いように感じています。善悪やしてはいけないことをしっかりと教えることを保護者から委ねられているのだと考えます。愛情と厳しさをもって子供たちの成長を促していけるような教員、どのような状況下でも毅然(きぜん)とした態度で臨み、保護者の信託にきちんと向き合える教員を目指します。

【コメント】

教育の目標は何でしょうか。教育によって何人も人間としてより人間らしく生きる力を身に付けることではないでしょうか。自ら考え判断して行動するカの体得です。

社会人経験も教師としての経験もスタートをしたばかりの若い教員が、保護者からこのようなことを委ねられていると思うのはどうでしょうか。教職にある者としては、謙虚に学び続けることが極めて大事であると考えます。

元東京都公立学校長・宮澤義一

あなたへのお薦め

 

特集