本番直前―最終アドバイス 前日準備は何をする 面接は「笑顔」で対応を

 間もなく今夏の教員採用試験の本番である。最終の試験対策情報として、前日の準備と面接試験のポイントを紹介しよう。

前日準備で心を落ち着ける

 試験直前、特に前日は、何をするべきだろうか。明日をベストコンディションで迎えるため、早めに寝ることが一番である。それ以外だと、服装、身だしなみを整えることかもしれない。社会人らしい、教員らしい身だしなみの行き届いた人物、という評価を得たいものだ。

 服装の最終チェックをしよう。スーツにシワはないか、ワイシャツの襟は汚れていないか。シャツにアイロンをかけたり、靴を磨いたりすると、結構気分が落ち着いたりするのでやってみる価値がある。

 試験に臨む際の服装のポイントは、若さと清潔感である。「清潔に」「控えめに」「機能的に」「調和を考え」「TPOに合わせて」が基本である。

履歴書の内容など再確認

 試験の寝る前にチェックしなくてはいけないこと。それは、提出した履歴書やエントリーシートに目を通すことだ(コピーは取っておく)。特に志望動機、自己PRで何を書いたかを確認する。面接で履歴書の内容と違ったことを言わないようにするためだ。

教職への意欲を確かめる

 これらのチェックが終わったら、最後にもう一度次のことを考えておこう。「自分が教師になりたいと決めた理由は何か」ということ。さらに、「教師になるために一生懸命勉強してきた。このことにより、自分は成長したはずだ。では、どこが成長したのだろうか」と考える。教職への強い意志を確認し、成長した自分を見つめることで、自信が涌いてくるはずである。

あがっていることを認める

 面接官から「あがってますか」「緊張していますね」と聞かれることがある。「そうでもありません」と否定すると、とたんに緊張してしまう。「あがっています」と素直に認めると逆に緊張が解けていくことが多い。

人の話をよく聞く

 集団面接や集団討議のときは、他の受験者の発言をよく聞くとよい。「何を話したらよいか」ばかりを考えていると、あまりいい回答が浮かばない。人の話に集中すると、逆に話せるようになってくる。

ハンカチは上着のポケットに

 夏場なので面接中に汗をかいてしまうこともある。あがって汗が出てきてしまうこともある。こういう場合は、早めにハンカチを出して拭いてしまおう。ズボンのポケットに入れておくと出すのに手間が掛かるので、上着のポケットにしまっておく。さっと取り出すと見栄えもよい。汗を拭く際は、「失礼します」と一言断ってからにしよう。

面接官は優しい?

 受験者の報告を見ると、「面接官は笑顔で迎えてくれた」「終始笑顔だった」「答えが出ないときにフォローしてくれた」など意外にも「優しかった」というケースが多い。面接を必要以上に怖がらなくてもいいということだ。

退出前にお礼をいう

 面接官から「これで面接を終わります」と言われたら、立ち上がって「ありがとうございました」と言おう。印象よく面接を終えることができる。口ごもりながら、中途半端なお辞儀をして、口の中でぼそぼそと「どうも……」は避けたい。

終了時はここに注意

 失敗したなという表情をしたり、首を傾げたり、うなだれたり、頭をかいたりしないようにしよう。終わった安堵感からため息をつく人もいるが、これも印象がよくないから注意する。

面接は〝楽しい〟

 正直なところ、面接を「重い」と感じる人は少なくないだろう。面接官の多くは、年配のベテラン校長であって話が弾むわけもなく、合否が掛かった真剣勝負の場であるから、緊張しないわけがない。それでも面接の最大のポイントは「笑顔」である。面接会場に入室して面接官と初めて目があったとき、質問に答えるとき、圧迫面接を受けたとき、「笑顔」は絶対に必要だ。面接は、「いろいろな人と出会えて話ができる楽しい機会だ」「自分について聞いてもらえる楽しい時間だ」と思って臨もう。

あなたへのお薦め

 

特集