今夏の教員採用選考はこう変わる 採用担当課長に聞く【近畿】

eye-catch_1024-768_west_fin

教育新聞は、平成31年度公立学校教員採用選考(今夏実施)の動向を探るため、都道府県・指定都市教育委員会の採用選考担当課長に書面インタビューを行いました。

今回は、西日本33県市(近畿、中国、四国、九州)の全回答を掲載します。下記のリンク先より読みたいエリアを選択してください。

(回答は、3月下旬時点のものです、最終確認は各教育委員会の実施要項を参照ください)

【自治体を選択してください】

(西日本の一覧に戻る)

三重県教育委員会
教職員課長 早川  巌

【1.求める教師像】

▽教育に対する情熱と使命感をもつ人=子どもに対する愛情や教育者としての責任感が強く、常に子どもの人格と個性を尊重した指導ができる人▽専門的知識・技能に基づく課題解決能力をもつ人=常に自己研さんに努め、子どもとともに課題に取り組む創造性、積極性、行動力をもつ人▽自立した社会人としての豊かな人間性をもつ人=優れた人権感覚と社会人としての良識に富み、組織の一員として関係者と協力して職責を果たし、子どもや保護者との間に深い信頼関係が築ける人

【2.選考の特徴・主な変更点】

《選考の特徴》「教員として求める人物像」に適する人物を幅広く確保していくため、学力評価のみならず、人物評価を重視した多面的な選考を行うとともに、教員採用選考試験に関する情報提供の推進を図り、試験内容や選考方法の客観性・透明性を確保しています。また、多面的な選考を推進する一環として、一般選考の他に「障がい者を対象とした特別選考」「小学校英語教育推進者特別選考」「スポーツ競技者特別選考」「社会人特別選考」「教職経験者等を対象とした特別選考」を実施しています。また、学校教育に有効な特技・資格に係る加点の措置を行っています。

《実施要項の主な変更点》特にありません。

【3.31年度採用選考の日程等】

《説明会》実施要項発表後、各大学で開催されるガイダンス等に参加させていただき、概要や申し込み方法等を説明させていただきます。また、5月13日に三重県庁講堂において、三重県教員採用選考試験説明会を実施します。説明会の案内をウェブサイトに掲載するとともに、採用試験に関する情報についてもウェブサイトに随時掲載していきますのでご覧ください。

《願書配布および受付》▽実施要項発表=5月上旬(予定)。実施要項は、ウェブサイトからダウンロードできます。▽受付=5月中旬~6月上旬(予定)。インターネットによる電子申請で受け付けます。

《1次試験》7月21日《2次試験》8月中旬~下旬

※日程は都合により変更することがあります。

【4.31年度採用の見込み数】

未定です。(なお、平成30年度の校種別の合格者数(採用見込み数)は、小学校教諭:252人(約250人)、中学校教諭:126人(約126人)、高等学校教諭:57人(約56人)、特別支援学校教諭:17人(約15人)、養護教諭:28人(約25人)、栄養教諭:5人(約5人)でした。)

【5.人物試験の評価観点】

本県の教員として求める人物像にある「教育に対する情熱と使命感」「専門的知識・技能に基づく課題解決能力」「自立した社会人としての豊かな人間性」を、評価しています。

【6.受験者へメッセージ】

教員をめざす方々には、確かな知識や技能を習得するとともに、コミュニケーション能力をはじめとする人間関係を構築する力を高めてほしいと考えています。また、自立した社会人としての常識を身につけるとともに、組織の一員として関係者と協力する姿勢など、教師としての資質向上に努められることを期待しています。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
【7.受験状況(受験者、合格者、倍率の順)】

▽小学校(965人、252人、3.8倍)▽中学校(868人、126人、6.9倍)▽高校(666人、57人、11.7倍)▽特別支援(91人、17人、5.4倍)▽養護(209人、28人、7.5倍)▽栄養(52人、5人、10.4倍)

【8.試験内容・配点】

《1次試験》▽筆答試験(専門)=中学校・高校150点、小学校・特別支援・養護・栄養=100点▽筆答試験(教養)=50点▽集団面接(討論)=100点

《2次試験》▽論述試験=50点▽技能・実技試験=100点▽面接(集団・個人)=150点
※合格基準点は、設定していません。

【9.論文課題】

《全校種共通》▽第1問=いじめ防止対策推進法第11条第1項に基づき策定された「いじめの防止等のための基本的な方針」(平成25年10月11日文部科学大臣決定(最終改定 平成29年3月14日))では、同法第13条に基づき策定する「学校いじめ防止基本方針」を定める意義について言及しています。「学校いじめ防止基本方針」を定めることが、児童生徒、保護者、教職員の三者にとって、それぞれどのような意義があるか250字以内でまとめなさい。

▽第2問=AIに見られるIT技術の進歩により社会構造はめまぐるしく変化し、近未来予測が難しくなっています。資料1を参考にし、今後、児童生徒に身につけさせておくべき能力と、その能力を育むための学校における具体的な取組について、250字以内であなたの考えをまとめなさい。資料1:「AI(人工知能)の発達により10~20年後に消える仕事・残る仕事(予測)」、参考:「今後の各高等教育機関の役割・機能の強化に関する参考資料」(文部科学省 大学分科会(第132回)配布資料から)

▽第3問=教員が児童生徒と向き合う時間を確保するため、学校現場における業務の適正化が求められています。また、平成29年4月に公表された教員勤務実態調査等によると、教員の勤務実態は長時間勤務という深刻な状態にあります。教員の勤務が長時間となっている主な要因を三つ挙げなさい。また、その中の一つの要因に対して、あなたが解決・改善に向けて効果的であると考える学校現場での取組を具体的に述べ、あわせて250字以内でまとめなさい。

【10.面接試験の実施方法】

《1次試験》▽面接形式=受験者8人による集団討論▽所要時間=20分▽実施の流れ=試験会場で課題が提示され討論を行う▽主な質問内容=教育に関する課題について

《2次試験》▽面接形式=受験者6人による集団討論と模擬授業を含む個人面接▽所要時間=集団面接25分、個人面接25分▽実施の流れ=試験会場で課題が提示され討論を行う。その後、模擬授業を含む個人面接に移る。模擬授業の課題についても当日示される▽主な質問内容=学校現場における具体的な場面での対応について

滋賀県教育委員会
教職員課長 岸田 英嗣

【1.求める教師像】

滋賀県では、▽教育者としての使命感と責任感、教育的愛情を持っている人▽柔軟性と創造性を備え、専門的指導力を持っている人▽明朗で、豊かな人間性と社会性を持っている人、の3点を「求める教師像」としています。教師という仕事に情熱と意欲を持ち、常に理想の教師像を追い求めながら自分自身を磨く資質を備えた多くの方々の出願を期待しています。

【2.選考の特徴・主な変更点】

《選考の特徴》出願年齢を50歳未満とし、一般選考では、県外の現職教諭、公立学校の教諭経験者、大学からの推薦を受けた者に1次選考試験の一部免除を設けるなど、障害者特別選考、スポーツ特別選考、社会人特別選考、国際貢献活動経験者特別選考を設けたりして、多様な人材の確保に努めています。また、志願者を多面的に評価することにより、総合的に人物重視の選考を実施しています。

《主な変更点》平成31年度採用選考の変更点:主な変更・改正点は次のとおりです。詳細については、4月下旬に公表する実施要項で発表します。

(1)出願方法について、原則「しがネット受付サービス」による電子出願とします。ただし、電子による出願ができない場合は、紙媒体による出願を受け付けます。(2)高等学校教員「福祉」に出願する人で、「看護師」または「介護福祉士」の資格取得者には、第1次選考の「専門教科・科目」に加点します。(3)大学の推薦を受けて受験する人は、第1次選考の「一般教養・教職教養」を免除しますが、それ以外の試験は一般選考と同様に実施します。

【3.31年度採用選考の日程等】

《説明会》例年、近隣の大学において実施していますが、31年度採用に向けた説明会の日程は未定です。

《受験案内・願書》出願書類の配布は4月下旬から5月上旬頃で、志願書の受付は5月7~25日です。

《選考日程》第1次選考試験は筆記が7月7日、面接が7月14・15日、第2次選考は8月17~31日の間で指定する1日または2日間です。

【4.31年度採用の見込み数】

平成31年度の採用見込み数は未定です。なお、30年度採用では、小学校教員220人程度。中学校教員120人程度。高等学校教員85人程度。特別支援学校教員45人程度。養護教員20人程度。栄養教員若干人でした。障害者特別選考、スポーツ特別選考、社会人特別選考、および国際貢献活動経験者特別選考における採用数は、一般選考の採用予定数に含みます。

【5.人物試験の評価観点】

以下の観点で評価しています。▽知識、理解▽熱意、使命感▽態度▽社会性▽積極性▽堅実性・表現力など

【6.受験者へメッセージ】

受験に際しては、本県『学校教育の指針』や教育委員会のホームページなどに掲載されている『教育しが』等により、本県の特色ある教育について理解を深めることが求められます。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
【7.受験状況(受験者、合格者、倍率の順)】

▽小学校(713人、224人、3.2倍)▽中学校(730人、120人、6.1倍)▽高等学校(607人、87人、7.0倍)▽特別支援学校(211人、49人、4.3倍)▽養護教員(133人、21人、6.3倍)▽栄養教員(26人、1人、26.0倍)

【8.試験内容・配点】

▽第1次選考=集団面接、一般教養・教職教養、専門教科・科目、小論文、適性検査▽第2次選考=個人面接、実技試験(指導実技、専門実技、水泳実技)。なお、面接と筆記試験等との配点割合は第1次選考では4対6、第2次選考では6対4でした。

【9.論文課題】

教育をとりまく現状や今日的課題を正しく認識し、情熱とやる気を持ってその解決につながる考えを記述するようなテーマを設定しました。指定字数は600字以内でした。

【10.面接試験の実施方法】

面接試験の実施方法は、第1次選考では40分程度で討論を含む集団面接、第2次選考では10分程度で個人面接を実施しました。本県の教員として適切で、その資質を備えているかを見るためにさまざまな観点から質問をしました。

京都府教育委員会
教職員人事課長 村山 和久

【1.求める教師像】

京都府では、教員に必要な五つの力を掲げています。▽気づく力=児童生徒一人一人を深く理解し、寄り添った指導ができるよう、小さな変化にも気づくことができる力

▽伸ばす力=豊かな人間性と高い専門性に基づく優れた指導力を有し、児童生徒一人一人が豊かな未来を切り開いていけるよう、それぞれの個性や能力を最大限に伸ばすことができる

▽挑戦する力=探究心や自律的に学ぶ姿勢を持ち、時代の変化や自らのキャリアステージに応じて求められる資質能力を高めながら、諸課題の解決に向け、挑戦することができる力

▽つながる力=他の教職員、保護者や地域社会、多様な専門性を持つ人材と効果的に連携・分担しながら、組織的・協働的に諸課題を解決するため、チームの一員としてつながることができる力

▽展望する力=次代を担う人材に必要な学びを提供できるよう、広い視野で時代や社会、環境の変化を的確につかみ取り、未来を展望することができる力

【2.選考の特徴・主な変更点】

平成31年度採用選考の実施要項については、現在検討中です。なお、平成30年度採用選考では、前年度に引き続き面接官に保護者等を加えるなど、広く多様な視点で人物評価を行い、人物重視の採用選考試験を実施しました。

また、前年度と同様に、特別支援学校との校種間連携の充実を図る観点から小学校、中学校、高等学校の各校種ごとの募集形態を小学校・特別支援学校小学部、中学校・特別支援学校中学部、高等学校・特別支援学校高等部とするとともに、前年度1次合格者、大学推薦特別選考に合格した受験者、講師等経験者、他府県現職者、英語有資格者およびスペシャリスト特別選考受験者に対して一部試験免除を実施しました。

さらに、採用候補者名簿登載者で、合格した校種・教科の専修免許状取得を目的に大学院進学を希望する場合または大学院に在籍している場合は、採用候補者名簿登載期間を最大2年間延長し、専修免許状取得を条件に採用しています。

なお、既にお知らせしていますが、平成31年度採用選考では、第1次試験一部試験免除のうち、一部の区分について専門教科等の免除を廃止することとしていますので、実施要項で十分確認してください。

【3.31年度採用選考の日程等】

未定のため予定日です。《説明会》京都府総合教育センター:5月5日、キャンパスプラザ京都:5月6日《願書配布》4月下旬《願書受付》4月下旬~5月下旬

《1次試験(筆記)》6月30日《1次試験(面接)》7月14~16日《2次試験(実技)》8月中旬~下旬《2次試験(個人面接・教育実践力テスト)》8月下旬

【4.31年度採用の見込み数】

未定のため前年度の採用予定人数です。▽小学校=130人程度(北部採用枠うち15人以内、英語採用枠15人以内)▽中学校=45人程度(北部採用枠うち10人以内)▽高等学校=75人程度(北部採用枠うち10人以内)▽特別支援学校=45人程度(北部採用枠うち15人以内)▽養護教諭=10人程度▽栄養教諭=若干人▽スペシャリスト特別選考=5人以内▽身体障害者特別選考=若干人

【5.人物試験の評価観点】

小論文においては、課題把握、論理的表現力などを評価しています。面接試験においては、心身の健康、教職への情熱、豊かな人間性・社会性、専門性を観点として総合的に判断しています。

【6.受験者へメッセージ】

教員を目指す方については、学生ボランティアやインターンシップ、講師など学校現場で多くの経験を積んでいただき、自分自身が目指す教員像をしっかりと思い描いていただきたいと思います。また、面接試験では、型どおりの答えではなく、自分の考えを自分の言葉で相手に伝えられるようにしてほしいと思います。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
【7.受験状況(受験者、合格者、倍率の順)】

▽小学校(598人、130人、4.6倍)▽中学校(553人、57人、9.7倍)▽高校(826人、83人、10.0倍)▽特別支援(172人、48人、3.6倍)▽養護(90人、10人、9.0倍)▽栄養(28人、6人、4.7倍)

【8.試験内容・配点】

《1次試験》①小論文=A・B・Cの3段階評価のうちA・B ②一般教養=各校種・教科の平均点以上(5点きざみで端数切り捨て。ただし、小学校および特別支援学校は5点切り下げ) ③専門教科=小学校および特別支援学校は平均点の90%以上、中学校は平均点の95%以上、高等学校の国語、地理歴史・公民、数学、理科、英語は平均点の105%以上、高等学校の他教科、養護教諭および栄養教諭は平均点以上。 ④面接試験

〈合否判定〉=上記①から③までのすべての基準点を満たした者のうち、面接評価上位の者から第1次試験合格とする。ただし、小学校および特別支援学校において面接点が80点以上の者については、一般教養および専門教科における得点がそれぞれの平均点の80%以上で合格とする。

《2次試験》①個人面接および教育実践力テスト(配点:150点および100点)=A~E評価とし、それぞれ下記の評価がある場合には、合格基準を満たしていないものとする。(面接官は個人面接は3人、教育実践力テストは2人)ア)面接官のうち2人以上がD以下の評価である場合 イ)1人でもE評価がある場合 ②実技試験(配点:小学校50点、その他100点)=各校種・教科ごとに定め、その基準点以上合格基準を満たしているものとする。ただし、実技試験が2種類以上ある校種・教科については、その全ての種類において基準点以上である場合に実技試験の合格基準を満たしているものとする。

〈合否判定〉上記①・②の基準を満たす者のうち、各試験の総合点が上位の者から合格を決定する。

【9.論文課題】

全校種・教科共通(字数指定なし)=いじめ問題は、現在の学校教育において、解決すべき大きな課題の一つに位置づけられており、京都府では、国の「いじめ防止対策推進法」の制定を受け、「京都府いじめ防止基本方針」を策定し、いじめの防止、いじめの早期発見およびいじめへの対処のための対策を総合的かつ効果的に推進する取組を進めているところです。その一方で、依然として、全国でいじめに起因するさまざまな事象が社会問題となっている現状があります。このような状況を踏まえ、いじめ問題について、あなた自身の考えを述べなさい。また、いじめ問題の解決のために学校としてどのような取組を行うことが重要だと思いますか、具体的に述べなさい。

【10.面接試験の実施方法】

《1次試験》小学校、特別支援学校、スペシャリスト特別選考においては、個人面接(15分程度)、中学校、高等学校、養護教諭、栄養教諭においては集団面接(20分程度)を実施。

《2次試験》全校種・教科において、個人面接(20分程度)と教育実践力テストを実施。教育実践力テストは模擬授業(10分程度)のあとに集団討論(30分程度)を実施。

〈面接試験の主な質問内容例〉▽受験者本人に関することについて▽意欲・教員としての資質について▽教育公務員としての心構えと識見について▽学習指導、児童生徒指導について▽教育問題、教育時事について

※面接試験質問項目例および教育実践力テストの内容については、京都府府政情報センターにおいて、一般閲覧可能。

京都市教育委員会
教職員人事課長 有澤 重誠

【1.求める教師像】

本市では、「確かな学力・豊かな心・健やかな体の調和のとれた育成」を通じ、子どもたち一人ひとりが夢と希望を持って未来を切り拓いていけるよう、保護者・地域・大学・産業界・NPO等の方々と連携し「市民ぐるみ・地域ぐるみ」の教育改革を進めています。

こうした本市の教育を担っていただくため、確かな知識や高い専門性に裏打ちされた確固たる指導力を有していることにとどまらず、①子どもへの愛情や慈しむ心を持った先生②絶えず自己研さんに励み、互いに切磋琢磨して高め合うことができる先生③幅広い知識と柔軟な思考で、子どもの育成に全力で取り組む先生を求めています。

【2.選考の特徴・主な変更点】

《選考の特徴》本市では、知識や専門性を問う筆記試験に加え、人物を重視した選考としており、全受験者を対象として1次試験から個人面接を実施し、その他にも集団面接や模擬授業を実施しています。また、常勤講師経験者、社会人経験者等を対象とした試験の免除制度を設け、さらに国際貢献活動経験者や大学等の研究機関において研究・開発・調査等の経験を有される方、スポーツ競技で優れた成績を収めた方、英語を第一言語とする方、身体に障害がある方を対象とした特別選考を設置し、学校教育の一層の活性化に向けて幅広い人材を募集しています。

《主な変更点》変更点については、現在未定です。今後発表する実施要項をご確認ください。

【3.31年度採用選考の日程等】

以下の日程は予定ですので、実施要項等にて確認してください。▽志願書受付:4月17日~5月17日▽1次試験(筆記):6月30日

▽1次試験(面接)7月1、7、8日のうち指定する1日▽2次試験:8月18、19日▽教員採用説明会:4月22日(京都会場)※関東会場は未定

【4.31年度採用の見込み数】

現在未定です。(参考に、30年度採用予定人数は次のとおりでした。▽小学校【幼稚園含む】:150人程度、▽中学校【全教科】70人程度、▽高校【国語・地理歴史・公民・数学・理科(地学)・英語】10人程度、▽総合支援学校40人程度、▽養護教諭:10人程度、▽栄養教諭:5人程度、▽国際貢献活動経験者特別選考:5人以内、▽フロンティア特別選考(理数工コース、保健体育コース、英語ネイティブコース):10人以内、▽身体障害者特別選考:一般選考に含む。)

【5.人物試験の評価観点】

本市の求める「教師像」に基づき、資質や専門性、意欲、使命感などを評価しています。

【6.受験者へメッセージ】

本市では「一人一人の子どもを徹底的に大切にする」という教育理念のもと、保護者・地域・大学・産業界・NPO等の方々と連携し、市民ぐるみ、地域ぐるみの教育改革を推進しています。ホームページ等を参照し、本市の教育施策を十分理解いただき、本市教員としてどのような教育実践を行いたいかを具体的に考えていただきたいと思います。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
【7.受験状況(受験者、合格者、倍率の順)】

▽幼稚園・小学校(672人、157人、4.3倍)▽中学校(666人、64人、10.4倍)▽高校(156人、10人、15.6倍)▽総合支援学校(178人、40人、4.5倍)▽養護教諭(87人、8人、10.9倍)▽栄養教諭(43人、5人、8.6倍)

【8.試験内容・配点】

▽1次試験:個人面接70点、一般・教職教養筆記30点、専門筆記100点、実技試験(中高・英語)30点▽2次試験:論文20点、集団面接35点、模擬授業(指導案作成を含む。幼稚園を模擬保育)60点、実技試験 小学校体育実技(10点)、中・美術、中・音楽、中高・英語、中・保体、養護(30点)

【9.論文課題】

京都市の情報公開コーナーにて閲覧・コピー(有料)が可能です。

【10.面接試験の実施方法】

《個人面接》1人10分程度の面接を実施しています。また、面接の中でロールプレーを実施しています。《集団面接》討議題に対し、集団で討議を行っていただきます。《模擬授業》作成した指導案に基づいて授業を行っていただきます。

大阪府教育委員会
教職員人事課長 伊庭 亨

【1.求める教師像】

大阪府では、求める人物像として「豊かな人間性」「実践的な専門性」「開かれた社会性」の3点をかかげています。児童・生徒の気持ちになって、支え、見守り、励まし、鍛える「情熱」とともに、児童・生徒に豊富な知識と教養を与え、自分の頭で考え、行動する力を身に付けさせる専門的「技術」のある人を求めています。日々成長していく子どもたちと正面から向き合いぶつかっていき、児童・生徒のためなら、いかなる困難が待ち受けていてもやり抜ける、そんな熱い思いを胸に秘めた「プロフェッショナル」を大阪でお待ちしています!

【2.選考の特徴・主な変更点】

《選考の特徴》大阪府では、即戦力となる熱意ある優秀な教員を採用するため、人物重視および専門性の確保を両立するバランスのとれた選考をおこなっています。

《主な変更点》今年度の主な変更点は、下記のとおりです。①小学校等の「英語」に関する加点を拡大します。②小学校等の第3次選考筆答テスト(択一式)に、「英語」を出題します。③中学校、高等学校等「保健体育」の第3次選考実技テストにおいて、実技種目を拡大します。

※小学校等とは『小学校』、『小中いきいき連携』、『特別支援学校』の「幼稚部・小学部共通」および「小学部」です。詳しくは受験案内をご確認ください。

【3.31年度採用選考の日程等】

《受験説明会開催日時》【大阪会場】4月7日、18日【岡山会場】4月8日【東京会場】4月14日《受験案内配布》ホームページに掲載・大阪府庁等で配布。《出願期間》3月29日午前10時~4月25日午後5時

《第1次筆答テスト》6月30日《第2次面接テスト》7月18、19、20、21、22日(いずれか1日を指定)《第3次筆答・実技テスト》8月16、18、25、26日(校種等・教科(科目)により、日程が異なります。)《第3次面接テスト》8月下旬~9月下旬(いずれか1日を指定)

【4.31年度採用の見込み数】

▽小学校・小中いきいき連携=約550人(うち、小中いきいき連携約30人)▽中学校=約380人▽高等学校=約200人▽特別支援学校(幼稚部・小学部共通・小学部=約70人(うち男性約35人、女性約35人)▽特別支援学校中学部=約50人▽特別支援学校高等部=約120人▽養護教諭=約25人▽栄養教諭=約10人▽特別支援学校自立活動(肢体不自由教育)=約10人

【5.人物試験の評価観点】

第2次選考面接テストでは、「社会人として望ましい態度であるか」「望ましい対人関係を築ける資質を備えているか」を、第3次選考面接テストでは、「教育を取り巻く状況や課題を理解しているか」「教職について理解し、意欲をもって取り組む姿勢はあるか」「教員としてふさわしい実践的なコミュニケーション能力を備えているか」を評価しています。

また、模擬授業では、「児童生徒の意欲を高め、関心を引きつけられるか」「児童生徒に対して適切な言葉で理解させようとしているか」を評価の観点としています。

【6.受験者へメッセージ】

教育現場を引っ張っていく即戦力となる方を採用したいと考えています。そのためにも大阪の教育を取り巻く状況を理解するとともに、教育ボランティアなどにより教育現場を経験することで、実践力を高めてもらいたいと思っています。何よりも、子どもからも学び、子どもに積極的に心を開いていくことができるよう、豊かな人間性を育んでもらいたいと思います。

たくさんの人に出会い、そこからたくさんのことを学んでください。教育に対する熱い情熱と高い志を持ち続け、「あの先生のようになりたい」「あの人のように生きたい」、そんな子どもたちの憧れとなるような先生をめざす人をお待ちしています。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
【7.受験状況(受験者、合格者、倍率の順)】

▽小学校(2199人、614人、3.6倍※小中いきいき連携含む)▽中学校(2391人、298人、8.0倍)▽高等学校(2561人、215人、11.9倍)▽特別支援学校(799人、186人、4.3倍)▽養護教諭(481人、35人、13.7倍)▽栄養教諭(102人、15人、6.8倍)

【8.試験内容・配点】

《第1次選考》▽筆答=150点(満点150点)《第2次選考》▽面接+筆答=面接150点、筆答150点(満点300点)▽面接=150点《第3次選考》▽面接+筆答=面接420点、筆答400点(満点820点)▽面接+筆答+実技=【小学校、小中いきいき連携、特別支援学校「幼稚部・小学部共通」「小学部」】面接420点、筆答340点、実技60点(満点820点)【上記以外】面接420点、筆答200点、実技200点(満点820点)▽面接=420点(満点420点)

【9.論文課題】

《実施校種》小学校、小中いきいき連携、特別支援学校(幼稚部・小学部共通、小学部)※【現職教諭対象の選考】【大学院進(在)学者対象の選考】以外の選考区分のみ。

《課題内容》▽小学校、小中いきいき連携=平成28年度「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」における体力合計点について、大阪府平均と全国平均との差を平成27年度の調査結果における差と比べると、大阪府内の中学校では男女とも全国平均との差が縮小していますが、大阪府内の小学校では男女とも全国平均との差が拡大しています。また、「運動やスポーツをすることは好きですか」「体育の授業は楽しいですか」という質問に対して肯定的な回答をした児童の割合を大阪府と全国とで比べると、大阪府は全国を下回っています。このような状況を踏まえ、あなたは小学校の学級担任として、児童の健やかな体を育むために、どのような取り組みが必要だと考えますか。具体的な取り組みを二つ挙げ、それぞれの取り組みが必要な理由にも触れながら、500字程度(450字以上550字以下)で述べなさい。※体力合計点とは、8項目の実技テストによって得られる異なる単位の測定値を、単位が共通な10点満点の「ものさし(尺度)」で変換し、合計したもの。

▽特別支援学校(幼稚部・小学部共通、小学部)=自立活動は、特別支援学校の教育課程において特別に設けられた指導領域であり、個々の幼児・児童・生徒が自立をめざし、障がいによる学習上または生活上の困難を主体的に改善・克服するために必要な知識・技能・態度および習慣を養う指導が行われています。あなたは、特別支援学校の教員として、自分の担当する幼児・児童・生徒に対して、どのような自立活動の指導を行いますか。取り組む内容を具体的にあげ、取り組む理由と指導するにあたって配慮する点について、学習指導要領にある自立活動の六つの区分のいずれかに触れながら、500字程度(450字以上550字以下)で述べなさい。

【10.面接試験の実施方法】

第2次選考:一般選考、特別選考ともに1人約10分の個人面接を行いました。第3次選考:一般選考、特別選考ともに面接テストについては約15分の個人面接、約4分30秒の模擬授業を行いました。

大阪市教育委員会
教職員人事担当課長 山野 敏和

【1.求める教師像】

大阪市では、子どもが安心して成長できる安全な社会(学校園・家庭・地域)の実現や、心豊かに力強く生き抜き未来を切り開くための学力・体力の向上に貢献できる次のような教員を求めています。▽「情熱」教職に対する情熱、愛情、使命感を持ち、困難にも立ち向かえる人▽「教師としての基礎力」広く豊かな教養を基盤とした、専門性と指導力を備えた人▽「人間味」子どもに対する教育的愛情と、カウンセリングマインドを備えた人

【2.選考の特徴・主な変更点】

《選考の特徴》大阪市では、「情熱」「教師としての基礎力」「人間味」を求める人物像に掲げるとともに、面接テストによって情熱・人間味等を担保しつつ、筆答テストと実技テストの充実によって教師としての基礎力を審査することを通じて、教員に求められる資質・客観的な能力を備えた人材の確保を進めております。

《主な変更点》①校種「幼稚園・小学校共通」および「小学校」の第2次選考筆答テストの専門テスト(択一式)に「英語」を出題します。②校種「中学校(英語)」および「高等学校(英語)」の実技テストにおいて、「リーディング」を廃止し、「リスニング」および「グループディスカッション」のみとします。なお、変更点の詳細につきましては、受験案内をご覧ください。

【3.31年度採用選考の日程等】

《説明会》大阪市教育センター2階講堂にて4月11日と4月20日の午後6時半~7時半、4月21日の午後1時半~3時に予定しています。《受験案内・願書》本市教育委員会のホームページからダウンロードしていただくことが可能です。出願受付は4月2日午前10時~5月7日午後5時です。

《選考日程》第1次選考筆答テストは6月30日、面接テストは7月7、8、14、15、21、22日のいずれか。第2次選考の筆答・実技・面接の各テストは8月中旬から9月中旬に実施します。

【4.31年度採用の見込み数】

幼稚園・小学校共通が約10人、小学校が約400人、中学校が約150人、高等学校が約40人、養護教諭(幼稚園)が約5人、養護教諭(小学校・中学校・高等学校共通)が約40人、栄養教諭が約10人となっております。

【5.人物試験の評価観点】

面接テストでは、主に教員としての「資質」、「表現力」、「社会性」といった点を、評価の観点としております。また、個々のテストにおける評価の観点につきましては、受験案内で公開しておりますのでぜひご覧ください。

【6.受験者へメッセージ】

大阪市では、面接テストによって情熱・人間味を、筆答・実技テストによって教師としての基礎力を、それぞれ備えた人材を採用したいと考えています。そのような人材となるためにも、ぜひとも学校ボランティアや学習サポーター等、より多くの現場経験を積み、より高い実践力を身に付けていただきたいと思います。その経験が、採用選考テストではもちろん、採用後の学校現場でも必ず大きな力になります。

また、受験に当たっては、選考方法や採用予定者数など、教員採用選考テストの実施内容にどうしても目が行くと思いますが、定年まで働くことを考えると、ICTなどの充実した教育環境や、採用後も学び続けられる研修体系などにも着目され、それらの取組を総合的に推進している大阪市を、ぜひ優秀な学生のみなさんに選んでいただきたいと存じます。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
【7.受験状況(受験者、合格者、倍率の順)】

実施結果は次のとおり。※1次受験者数、2次合格者数、倍率の順。ただし倍率は、2次合格者に対する受験者総数(1次受験者と1次選考免除での2次受験者の計)の比率となります。

▽幼稚園・小学校共通(70人、5人、14.8倍)▽小学校(872人、341人、3.0倍)▽中学校(695人、131人、6.6倍)▽高校(344人、36人、10.2倍)▽養護(幼)(11人、5人、15.0倍)▽養護(小中高共通)(160人、20人、8.6倍)▽栄養(57人、15人、4.1倍)

【8.試験内容・配点】

【試験内容】《1次テスト》特例のない受験者は、大問30問、教職教養等と思考力・判断力を測る問題からなる筆答テストを、90分の択一式により行い、合格基準点に達した受験者を対象に約10分の個人面接を行いました。また、特例により1次筆答テストが免除された人には一人約10分の個人面接を実施しました。

《2次テスト》幼稚園・小学校共通、小学校では、90分の択一式の専門教養テストを、その他の校種教科では択一式および記述式の専門教養テストを行いました。また、受験者全員に対して、場面指導を取り入れた個人面接テストを約15分行い、幼稚園・小学校共通、小学校、「保健体育・英語・音楽・美術」につきましては実技テストをあわせて行いました。また、中学校(特別支援学級)については、面接テスト以外は、所有する中学校の普通免許状の教科に関するテストを行いました。(複数所有している人はそのうち受験を希望する教科をひとつ選択)面接については、時間を30分とし他の校種教科と同様の面接の他、特別支援教育に関する専門知識や、大阪市の特別支援教育の現状と課題に関する質問等も行いました。合否判定方法について、幼稚園・小学校共通、小学校、養護教諭(幼稚園)、養護教諭(小・中・高共通)、栄養教諭については、筆答テストおよび実技テストの合計得点により判定します。ただし上記にかかわらず、合格者のおおむね2割をめどに、面接テストの得点により判定します。中学校の各教科(特別支援学級除く)、高等学校の各教科については、筆答テストおよび実技テストの合計得点により判定します。ただし、筆答・面接・実技の各テストにおいて、得点が合格基準点に達しないものが一つでもある場合は不合格とします。

【配点】※受験案内を参照。

【9.論文課題】

実施しておりません。

【10.面接試験の実施方法】

特例なしで受験した人の第1次選考の面接は、第1次選考の筆答テストにおいて合格基準点に達した受験者を対象に約10分の個人面接を行いました。また、特例により第1次選考の筆答テストを免除された受験者の第1次選考の面接は、一人10分程度の個人面接でした。第2次選考の面接は、一人15分程度の個人面接を行い、その中で、場面指導を行いました。

また、中学校(特別支援学級)については、第2次選考の面接時間を約30分とし、他の校種教科と同様の面接の他、特別支援教育に関する専門知識や、大阪市の特別支援教育の現状と課題に関する質問等も行いました。
面接テストでの質問内容につきましては、お答えすることができませんが、リラックスしていただき、普段の自分らしさが出せるように努めてください。

堺市教育委員会
教職員人事課長 長山 秀基

【1.求める教師像】

▽子どもの主体的な学びを創造する人▽学校のチーム力を向上させる人▽豊かな人権感覚をもち、自覚と責任のもとに行動する人

【2.選考の特徴・主な変更点】

《選考の特徴》堺市は「あなたの“ゆめ”と“よさ”を受けとめます」という方針のもと実施しています。▽人物重視の試験です。▽年度末年齢59歳以下まで受験できます。▽経験や能力を生かして受験できます。▽加点制度があります。《主な変更点》▽求める人物像の明確化▽英語教育について小中一貫教育を推進することができる人物を募集▽大学等推薦対象選考の合否判定方法の変更▽講師対象選考で講師評価を必須化▽一定の英語資格を有することによる加点の条件を変更し、加点される点数を引き上げ▽「小学校・小学部」「小学校・幼稚園共通」の2次筆答(専門教養)試験で英語を出題▽全選考区分で適性検査を実施

【3.31年度採用選考の日程等】

《説明会》▽堺会場4月7・28日、5月8日▽梅田会場4月13日▽名古屋会場4月15日▽岡山会場4月20日▽東京会場4月21日▽天王寺会場4月25日▽難波会場5月1日※詳細は、堺市教育委員会ホームページでご確認ください。《願書配布》4月2日から《出願受付期間》電子申請4月2日~5月14日▽郵送(簡易書留)=4月2日~5月14日▽「大学等推薦対象の選考」=4月2日~4月27日(在籍する大学等を通じての郵送(簡易書留)のみ)

《1次試験》筆答試験6月30日、面接試験7月7、8、14、15、16、21、22日のいずれか指定の1日《2次試験》専門教養試験8月18日、適性検査8月18日、実技試験8月18、25日、9月8日(校種等により異なる)、面接試験9月1、2、8、9、15、16、17日のいずれか指定の1日

【4.31年度採用の見込み数】

▽小学校・特別支援学校小学部=約85人▽小学校・幼稚園共通=約3人▽中学校・特別支援学校中学部=約70人▽小中一貫教育推進【英語】=約5人▽高等学校=各教科若干人▽養護教諭=約7人▽栄養教諭=若干人

【5.人物試験の評価観点】

《全ての面接で共通の観点》「豊かな人権感覚、人を引きつける魅力や個性を備えているか」《集団討論(集団面接を含む)》「自分自身のよさや個性を集団の中で生かしているか」「周囲に対して、適切な働きかけができるか」「自分の意見をもつとともに、他者の意見も尊重する態度があるか」「相手を意識して、わかりやすく話す、聞くことができるか」

《1次個人面接》「教員になりたいという強い意志があるか」「子ども一人ひとりを大切にする姿勢があるか」「向上心、探求心をもって努力し続けようとする姿勢があるか」「指導上必要な基礎知識をもつとともに、現在の教育課題を理解しているか」《2次個人面接(場面指導を含む)》「教育にかける“ゆめ”や情熱をもち、自分の“よさ”を生かしているか」「教員としての自覚や責任、使命感があるか」「向上心、探求心をもって努力し続けようとする姿勢があるか」「現在の教育課題に関する知識をもっているか」「経験に基づき、自分の言葉や表現方法で物事を伝えようとしているか」「子ども一人ひとりを大切にする姿勢があるか」「さまざまな課題に対して、柔軟に対応することができるか」「課題を的確に捉え、ねらいのある指導ができるか」「明確に自分の考えを述べ、相手に伝わる指導ができるか」

【6.受験者へメッセージ】

堺市の教員採用選考は「あなたの“ゆめ”と“よさ”を受けとめます」という方針で実施しています。“ゆめ”とは、こんな教育がしたいという教育における夢、教育にかける情熱のことです。“よさ”とは、受験者一人ひとりの経歴、経験、特技等、総合的な人間力のことです。堺の教育に関心をお持ちの方は「第2期未来をつくる堺教育プラン」など、堺の教育の基本となる各種資料を堺市教育委員会のHPで見ることができます。またすべての学校園でもHPを開設していますので、各校の実践や堺の子どもたちの様子も知ることができます。また、学校の現場にふれる機会も大切です。堺市には学校インターンシップ、スクールサポーターなどの制度、教師養成塾として「堺・教師ゆめ塾」もありますので、学校や教員の仕事、子どもたちの学校生活により深く接していただくことができます。堺市教育委員会では、受験される方の“ゆめ”と“よさ”をしっかりと受けとめる教員採用選考試験を行います。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
【7.受験状況(受験者、合格者、倍率の順)】

▽小学校・特別支援学校小学部(435人、110人、4.0倍)▽小学校・幼稚園共通(14人、3人、4.7倍)▽中学校・特別支援学校中学部(424人、55人、7.7倍)▽小中一貫教育推進(7人、1人、7.0倍)▽高等学校(28人、2人、14.0倍)▽養護教諭(68人、8人、8.5倍)▽栄養教諭(19人、2人、9.5倍)※受験者数・合格者数には併願による受験者・合格者を含めています。

【8.試験内容・配点】

▽小学校・特別支援学校小学部=1次筆答150点、1次面接150点、専門教養350点、2次面接450点▽小学校・幼稚園共通、中学校・特別支援学校中学部、小中一貫教育推進、高等学校、養護教諭、栄養教諭=1次筆答150点、1次面接150点、専門教養(実技を含む)400点、2次面接450点

【9.論文課題】

論文試験は実施していません。

【10.面接試験の実施方法】

《集団討論》試験当日に提示したテーマについて、グループで討論しました。討論終了後、面接員から受験者に質問を行う集団面接の時間を設けました。

《1次個人面接》場面指導を含めて実施しました。その後、面接員から受験者に「面接自己アピールシート」等をもとにした質問をしました。

《2次個人面接》面接員から受験者に「面接自己アピールシート」等をもとにした質問をしました。

大阪府豊能地区教職員人事協議会
事務局長 浅田 勝利

【1.求める教師像】

▽「教育への情熱」教育に情熱を持ち、一人ひとりの子どもに愛情を注げる人▽「確かな指導力」専門的知識・技能をもとに、子どもの個性を尊重し、的確な指導ができる人▽「豊かな人間性」広く豊かな教養と開かれた社会性を持ち、子どもや保護者、地域の方々と信頼関係が築ける人

【2.選考の特徴・主な変更点】

《特徴》▽「人物重視」の採用選考を実施します。▽第1次選考では、全員に集団面接テストを実施します。▽小学校と中学校の両方の免許を所有している人は、小学校と中学校の併願が可能です。▽小学校の第2次選考の実技テストでは、必須の水泳に加え、音楽、図画工作または外国語活動の三つのうちから一つを選択するテストを実施します。

《今年度の主な変更点》▽小学校の第2次選考筆答テストの専門テスト(択一式)に、英語を追加します。※詳細については受験案内をご覧ください。

【3.31年度採用選考の日程等】

《説明会》4月7日午前10時~、午後2時~(とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ)。《夜間説明会》4月12日午後7時~(池田市中央公民館)、4月18日午後7時~(箕面文化・交流センター)、4月24日午後7時~(豊中市教育センター)。《受験案内配布・出願受付》4月2日~5月25日(インターネットまたは郵送[簡易書留]で出願)

《1次試験》筆答テスト6月30日。面接テスト7月14・15・16・21・22日のいずれか1日を指定。《2次試験》面接テスト8月16日~9月中旬のうち1日を指定。筆答テスト8月18日。実技テスト8月18・20・21・22・25・26日(校種教科により異なる)。

【4.31年度採用の見込み数】

小学校約100人、中学校約35人、養護教諭若干人、栄養教諭若干人。

【5.人物試験の評価観点】

▽第1次選考面接テスト(集団面接):社会人として望ましい態度であるか、望ましい対人関係を築ける資質を備えているか。▽第2次選考面接テスト(個人面接):教育を取り巻く状況や課題を理解しているか、教職について理解し意欲をもって取り組む姿勢はあるか、教員としてふさわしい実践的なコミュニケーション能力を備えているか。

▽第2次選考面接テスト(模擬授業・場面指導):児童生徒に対して適切な言葉でわかりやすく説明できるか、児童生徒の意欲を高め関心を引きつけられるか。

【6.受験者へメッセージ】

大阪府豊能地区は、大阪府の北西に位置し、成熟した都市部と、季節ごとにさまざまな表情を見せる魅力的な自然を持った豊かな教育環境を誇る地区です。豊能地区3市2町(豊中市、池田市、箕面市、豊能町、能勢町)は、それぞれの市町が特色ある教育に積極的に取り組んでいます。この豊かな才能を育む豊能地区で「先生になりたい!」というあなたを待っています。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
【7.受験状況(受験者、合格者、倍率の順)】

▽小学校(443人、119人、3.7倍)▽中学校(321人、31人、10.4倍)▽養護教諭(43人、1人、43.0倍)

【8.試験内容・配点】

▽第1次選考配点割合=面接テスト50%・筆答テスト50%▽第2次選考配点割合=▽【小学校】面接テスト50%・筆答テスト33.3%・実技テスト16.7%▽【中学校の音楽・美術・保健体育・英語】面接テスト50%・筆答テスト25%・実技テスト25%▽【上記以外の校種・教科等】面接テスト50%・筆答テスト50%。

【9.論文課題】

実施せず。

【10.面接試験の実施方法】

▽第1次選考:集団面接(所要時間/おおむね30~40分)▽第2次選考:個人面接および模擬授業または場面指導(所要時間20分)。

兵庫県教育委員会
教職員課長 吉田 克也

【1.求める教師像】

兵庫県では、次のとおりです。①教育に対する情熱・使命感をもち、児童生徒に愛情をもって接することができる教師②教養、社会性、コミュニケーション力、想像力等の総合的な人間性を備えている教師③高い倫理観と規範意識をもち、自らの人権感覚を高めることができる教師④児童生徒、保護者や地域の方々と公正・公平な立場で対応することができる教師⑤常に学び続ける姿勢をもち、新たな課題へ挑戦することができる教師

【2.選考の特徴・主な変更点】

《特徴》兵庫県の選考試験では、①社会人特別選考、②身体障害者を対象とした特別選考、③体育分野や芸術分野に秀でた者、本県が示す資格の所有者、国際貢献活動の経験者に加点するなど、受験者の特性や意欲を生かした選考を実施しています。また、採用時の特例措置として、大学院修士課程に在学または進学を希望する、最終合格者に対して、最大2年間の採用を猶予します。

《主な変更点》▽平成32年度の小学校英語の教科化に対応するため、小学校・特別支援学校区分の受験者で、出願時に中学校または高等学校「英語」免許所有者を新たな加点対象とし、20点加点します。

▽小学校・特別支援学校区分において、各教科バランスのとれた人材を確保するため、1次筆記(教科専門)試験で教科ごとに合格基準点を設定し判定します。▽授業力・対応力を重視するため、2次試験で実施する面接試験において、「模擬授業」と「個人面接」を分けて実施し、個別に評価し判定します。また、「個人面接」では、学校現場において想定される生徒指導や保護者対応等、指導に係る試問を実施します。

【3.31年度採用選考の日程等】

《説明会》4月下旬~5月中旬《受験案内・願書》願書配布:4月下旬、受付期間:5月初旬から土・日曜日の除く10日間《1次試験》▽集団面接=6月30日予定▽筆記試験=7月22日予定《2次試験》8月中旬~下旬予定

【4.31年度採用の見込み数】

現在のところ未定です。(なお、昨年度は小学校430人、中学校240人、高校200人、特別支援80人、養護30人、栄養15人でした)

【5.人物試験の評価観点】

論文試験は実施していません。1次試験の集団面接では社会性やコミュニケーション力等をはかり、2次試験では、新たに人間性や対応力を見る個人面接と、教科指導力を見る模擬授業をそれぞれ個別に評価することに改め、多面的・総合的に人物を見ることとしています。特に個人面接では、児童生徒や保護者との対応力をはかる質問を行い、論理的説得力や対人関係力等を評価します。

【6.受験者へメッセージ】

豊かな発想と教育への限りない情熱、高い倫理観を常に持ち、創意工夫と活力に富んだ教育活動の展開が期待される、意欲あふれた方々の受験をお待ちしています。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
【7.受験状況(受験者、合格者、倍率の順)】

▽小学校・特別支援学校(2150人、460人、4.7倍)▽中学校・特別支援学校(1476人、260人、5.7倍)▽高等学校(1831人、199人、9.2倍)▽特別支援学校(251人、30人、8.4倍)▽養護教諭(345人、30人、11.5倍)▽栄養教諭(119人、15人、7.9倍)

【8.試験内容・配点】

《1次試験》▽集団面接=100点▽一般教養=100点▽教科専門=200点《2次試験》▽模擬授業=120点▽個人面接=180点▽実技試験①小学校=100点、②中・高(音楽、美術、書道、体育)=150点、③中・高(②以外の教科)=100点、④養護=100点

【9.論文課題】

兵庫県では、論文試験を実施していません。

【10.面接試験の実施方法】

《1次試験(集団面接)》▽受験者8人程度に対して、面接委員は2人程度で約20分間の集団討議を実施します。

《2次試験(面接試験)》▽共通=受験者1人に対して、面接委員は3人程度で実施▽模擬授業=受験区分に応じて15分程度の模擬授業を実施します(養護教諭は模擬授業にかえ、約8分の模擬保健指導を実施)。▽個人面接=1人に対して約25分間、従前の口頭試問に加え、学校において想定される生徒指導や保護者対応等の場面指導を実施します(養護教諭は約32分)。

神戸市教育委員会
教職員課人事担当課長 松下 昭彦

【1.求める教師像】

神戸市では、「人は人によって人になる」を教育理念として、児童・生徒が感動や達成感、充実感を味わうことができる、楽しく、特色ある学校づくりに取り組んでいます。今、社会は急速に変化しており、子どもたちを取り巻く環境や教育現場も大きく変わりつつあります。私たちは、このような変化に対応できる柔軟で大胆な発想力と、教育に対して決して揺るがない信念と情熱を備えた教員を求めています。多様で豊かな教育環境にある神戸市で私たちとともに、神戸の子どもたちを育てていきましょう。

【2.選考の特徴・主な変更点】

《選考の特徴》多様な方法を組み合わせて、志願者の資質と能力を多面的に評価

《主な変更点》(1) 大学推薦枠拡大(小学校、特別支援学校、美術、家庭科)▽大学推薦の実施対象に、従来の数学、理科、技術に加え、小学校(英語コース含む)、特別支援学校、美術、家庭科を追加する。(2) 小学校、中高等学校と特別支援学校の併願受験制度拡大▽従来の小学校と中高等学校試験区分相互の併願受験に加え、同一の試験区分かつ教科の場合に限り、小学校および中高等学校から特別支援学校区分の併願受験、特別支援学校から小学校および中高等学校区分の併願受験の制度を新たに実施する。(3) 小学校教諭への英語筆記試験の導入▽小学校、小学校英語コースの受験者に対し、新たに英語の筆記試験を行う。(4) 年齢制限の緩和(特例選考49歳⇒59歳)▽特例選考(社会人経験者、現職教員、臨時的任用教員)の受験年齢の上限を現在の49歳以下から59歳以下(昭和34年4月2日以降に生まれた者)へ引き上げる。ただし、一般選考は従来通り45歳以下とする。

【3.31年度採用選考の日程等】

《説明会》4月21日および5月6日。事前申し込み不要。《志願書等配布》3月28日予定《志願書等受付》▽郵送の場合=4月16日~5月11日▽持参の場合=5月7~11日

《1次試験》▽筆記試験=6月30日▽面接試験=7月23~27日▽結果発表=8月8日予定《2次試験》▽試験=8月17日~9月7日▽結果発表=10月上旬予定

【4.31年度採用の見込み数】

正規教員、任期付教員の順。▽幼稚園(若干人、若干人)▽小学校(約160人、約110人)▽小学校(英語コース)(約50人、小学校に含む) ▽中学校・高等学校(約110人、約40人)▽高等学校(工業)(若干人、若干人)▽高等学校(商業)(若干人、若干人)▽特別支援学校(約50人、約5人)▽養護(約15人、約10人)▽栄養(若干人、若干人)▽計(約390人、約180人)※高等学校教諭は、国語・社会・理科・英語のみ募集(約5人、若干人)

【5.人物試験の評価観点】

積極性、柔軟性、説得力、表現力、判断力、協調性などを評価しています。

【6.受験者へメッセージ】

教師として必要な基礎的な知識・技能を習得するだけでなく、人の心を理解し、共感できる人間性をしっかりと身につけてください。子どもの心を理解し、育むことが教師として最も必要な能力の一つです。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
【7.受験状況(受験者、合格者、倍率の順)】

任期付教員を除きます。▽幼稚園(161人、3人、53.7倍)▽小学校(821人、182人、4.5倍)▽中学校・高校(836人、116人、7.2倍)▽高校(工業)(18人、1人、18.0倍)▽高校(商業)(12人、1人、12.0倍)▽特別支援(113人、32人、3.5倍)▽養護(118人、15人、7.9倍)▽栄養(26人、1人、26.0倍)

【8.試験内容・配点】

《1次試験》教職・一般教養、専門教科、集団面接《2次試験》小論文、実技(幼稚園、小学校(体育)、音楽、美術、体育、技術、家庭、英語、養護教諭)、個人面接※配点は公表していません。

【9.論文課題】

《特別支援学校教諭》特別支援学校のセンター的機能について、具体的な内容をいくつか挙げ、その有用性について論じなさい。

《その他(午前と午後の2班にわけて実施)》(1)「ほめること」と「しかること」の教育的効果について論じなさい。(2)「信頼される学校園」とは、どのような学校園ですか。また、信頼されるためには、どのような取組が必要ですか。具体的な例を挙げて論じなさい。

※いずれも1500字以内

【10.面接試験の実施方法】

第1次選考の集団面接については、昨年度は8~10名による集団形式の面接で、自己紹介、集団討論、質疑応答を行いました。第2次選考の個人面接については、昨年度は自己紹介、模擬授業、場面指導、質疑応答を行いました。

奈良県教育委員会
教職員課長 香河 英智

【1.求める教師像】

《奈良県が求める教員像》▽使命感や情熱にあふれ、愛情をもって児童生徒との信頼関係が築ける人▽豊かな人間性をもち、深い専門知識に裏付けられた実践的な指導ができる人▽奈良の伝統、文化を理解し、地域と社会的絆の中で子どもを育てられる人

【2.選考の特徴・主な変更点】

《選考の特徴》本県が求める教員像に呼応した人物重視の選考を実施するため、計3回の面接試験を行うとともに、「教職経験特別選考」・「社会人を対象とした特別選考」・「英語教育推進特別選考」を実施し、実践力のある多様な人材の確保につなげています。

《主な変更点》▽出願方法を原則、インターネット(奈良県ホームページ「電子申請」)のみに変更します。ただし、インターネットに接続できる環境がない等、特段の事情がある場合は、別途対応します。▽採用選考試験合格者が専修免許状取得のために大学院(通信課程を除く)に進学を希望する場合、採用を辞退し、大学院修了年度に再度、「大学院・教職大学院特別選考」を受験する必要がありましたが、最長2年間、採用を猶予することとします。

【3.31年度採用選考の日程等】

《願書配布》5月9日頃配布開始予定《説明会》5月13日《願書受付》願書配布開始日~5月下旬(予定)

《1次試験》▽筆答・実技=6月30日▽集団面接(個別)=7月14~16日の1日《2次試験》▽実技・集団面接(討議)=8月11~13日の1日または2日▽個人面接=8月15~19日の1日

【4.31年度採用の見込み数】

今年度は未定です。なお、平成30年度の採用予定数は次の通り。小学校 170人、中学校82人、高等学校49人、特別支援学校35人、養護教諭12人、栄養教諭6人、実習助手3人(計357人)

【5.人物試験の評価観点】

児童生徒に対する教育的愛情や教育に対する熱意、使命感、豊かな人間性、協調性、授業力、学校の課題に的確に対応できる力量等の観点で評価を行っています。

【6.受験者へメッセージ】

教育は未来をつくる営みです。また、教師は子どもの成長に立ち会え、喜びや生きがいを感じることができるすばらしい職業です。皆さんには、コミュニケーション能力や授業力の向上のために、日々、研さんに励んでいただきたいと思います。私たちの仲間になって、一緒に奈良県の子どもたちのためにがんばりましょう!

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
【7.受験状況(受験者、合格者、倍率の順)】

▽小学校(724人、170人、4.3倍)▽中学校(583人、82人、7.1倍)▽高校(471人、49人、9.6倍)▽特別支援学校(132人、35人、3.8倍)▽養護(111人、12人、9.3倍)▽栄養(30人、6人、5.0倍)▽実習助手(17人、3人、5.7倍)

【8.試験内容・配点】

《1次試験》▽一般教養=全ての校種等90点▽教科専門(中高音楽・美術・保健体育・高書道は実技試験を含む)=実習助手を除く校種等200点▽集団面接(個別)=全ての校種等100点

《2次試験》▽実技試験=小学校50点、中高音楽・美術・保健体育・高書道100点▽集団面接(討議)=全ての校種等100点▽個人面接=全ての校種等200点※各試験には、それぞれ合格基準があり、基準に達しない場合は不合格となります。

【9.論文課題】

実施していません。

【10.面接試験の実施方法】

《集団面接》▽形式=個別・討議▽所要時間=40分▽内容=志望動機、教員になって取り組みたいこと等《個人面接》▽所要時間=30分▽内容=志望動機、教員になって取り組みたいこと等※模擬授業、場面指導を含みます。

和歌山県教育委員会
学校人事課長 松本 泰幸

【1.求める教師像】

和歌山県が求める教師像は、①自らひたむきに学び続け、子供とともに未来を切り開く人②豊かな人間性と社会性をもち、学習指導に高い専門性を有する人③和歌山を愛し、家庭や地域とのつながりを大切にして、子供の気持ちを受けとめ、子供の育ちと学びをともに支えてくれる人、です。

【2.選考の特徴・主な変更点】

現在検討中です。

【3.31年度採用選考の日程等】

《説明会》▽4月21日(紀の川市・大阪市)▽4月22日(田辺市・京都市)《願書配布》4月23日《願書受付》4月23日~5月10日

《第1次検査》6月下旬~7月上旬および7月下旬《第2次検査》8月下旬

【4.31年度採用の見込み数】

未定です。(なお、前年度の募集人員は次のとおりでした。▽小学校160人▽中学校66人▽高等学校16人▽特別支援学校40人▽養護教諭24人)※身体に障害のある人を対象とした選考については、一般選考とは別枠で若干人募集しました。

【5.人物試験の評価観点】

《論文》出題の意図を的確にとらえ、自分の考えを明確にし、適切な表現で論理的に記述しているか等の観点で評価します。

《面接》教育への情熱や、学び続ける意欲等、教員としてふさわしい資質、能力、高い倫理観を備えているか等の観点で評価します。

【6.受験者へメッセージ】

豊かな人間性と社会性、教員として高い専門性を持ち、教育への情熱や学び続ける意欲のある方の受検をお待ちしています。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
【7.受験状況(受験者、合格者、倍率の順)】

▽小学校(467人、160人、2.9倍)▽中学校(595人、66人、9.0倍)▽高校(242人、15人、16.1倍)▽特別支援(128人、40人、3.2倍)▽養護(113人、24人、4.7倍)

【8.試験内容・配点】

一般教養(100点)、校種・教科専門(200点)、教職専門(100点)、論文(5段階評定)となっています。一般教養、教職専門は平均点を、論文は評定の2を基準点としています。(基準点に達する人が少ない場合は平均点以下に調整します。)基準点に達した人で、第1次検査では、校種・教科専門および面接評定点の上位の人、第2次検査では面接評定点と実技得点の上位の人から合格候補者とします。

【9.論文課題】

平成29年度実施の主なテーマ▽小学校「道徳科の取組について」▽中・高等学校「人権尊重の精神に立った指導について」▽特別支援学校「個に応じた指導・支援について」▽養護教員「児童生徒の健康課題について」

【10.面接試験の実施方法】

本年度の面接検査の実施方法等については公表していませんが、昨年度は第1次、第2次検査ともに個人面接の形式で実施しました。2回の面接のいずれにも自己アピールの時間を設けています。