【2023年度教員採用試験】採用担当課長に聞く最新動向 青森県

青森県教育委員会教職員課長 吉川満

【1】求める教師像

 本県のめざす教員像として、①教育者としての使命感や誇り、責任感をもち、教育活動に当たる教員、②豊かな人間性や社会性をもち、多様な他者と関わることができる教員、③学び続ける向上心をもち、常により良い実践を追い求める教員、④児童生徒が生きていく未来社会を見据え、教育課題に挑戦し続ける教員、⑤高度専門職としての高い知識や技能、指導力を身に付けている教員、⑥家庭・地域社会との連携を図り、学校としての組織的対応ができる教員を求めています。

【2】選考の特徴及び実施要項の主な変更点

 2023年度教員採用試験(2022年度実施)の実施項目等については、現在のところ未定です。

 なお、2022年度教員採用試験(2021年度実施)では、筆記試験・実技試験・面接・小論文等を実施し、選考基準を定め選考を行いました。

【3】説明会、願書配付及び受付、各試験の日程

 2023年度教員採用試験(2022年度実施)に関する日程については、現在のところ未定です。

 なお、2022年度教員採用試験(2021年度実施)における願書配布及び受付は、4月22日~5月14日(土日、祝日を除く)でした。

 また、第一次試験を7月17日に、第二次試験を9月25日、26日に実施しました。

【4】校種別(小学校・中学校・高校・特別支援・養護・栄養)の採用見込数

 2023年度採用に関する採用見込数については、現在のところ未定です。

 なお、2022年度教員採用試験(2021年度実施)における採用候補者数は、小学校112人、中学校70人、高等学校27人、特別支援学校42人、養護教諭13人、栄養教諭2人の計266人でした。

【5】人物評価の選考観点

 2023年度採用に関する評価基準については未定ですが、2022年度採用に関する評価基準は以下のとおりです。

○面接(模擬授業・個人面接)

  • 模擬授業は児童生徒にとってわかりやすい授業であるか。
  • 教員としての使命感や教員になろうとする意欲があるか。
  • 組織の一員として自覚を持ち、協力して職務を遂行しようとする協調性があるか。
  • 児童生徒に対する教育的愛情があるか。
  • 本県の教員として望ましい資質・能力について、総合的な適性があるか。

○小論文

[内容]

  • 出題の意図を的確にとらえ、自分の考え方を明確に述べているか。
  • 出題の意図を自分なりに咀嚼し、具体的に述べているか。
  • 創造的に考え、主体的に述べているか。
  • 教育に対する情熱や意欲、人間的な豊かさや感性を伝えているか。

[表現]

  • 文章構成の工夫がなされ、論旨に一貫性があるか。
  • 効果的な表現の仕方を工夫しているか。
  • 文字の丁寧さ、誤字や脱字、送り仮名、句読点、主語と述語の関係、段落の分け方、文体が適切であるか。

[字数]

  • 600字以上800字以内

【6】受験予定者へのメッセージ

 青森県教育委員会では、「郷土に誇りを持ち、多様性を尊重し、創造力豊かで、新しい時代を主体的に切り拓(ひら)く人づくり」を目指しております。

 青森県のめざす教員像に込められた教員に対する期待に応えるために、広い教養、充実した指導力、心身の健康、教育者としての使命感・意欲、組織の一員としての自覚・協調性、児童生徒に対する深い教育的愛情等を身に付け、受験に臨んでください。


2022年度採用選考(2021年実施)について 

【7】校種別(小学校・中学校・高校・特別支援・養護・栄養)の受験者数、合格者数、合格倍率

2022年度教員採用選考試験の状況(2021年度実施)

  • 小学校(受験者数216人、採用候補者数112人、倍率 1.9倍)
  • 中学校(受験者数344人、採用候補者数 70人、倍率 4.9倍)
  • 高等学校(受験者数414人、採用候補者数 27人、倍率15.3倍)
  • 特別支援学校(受験者数128人、採用候補者数 42人、倍率 3.0倍)
  • 養護教諭(受験者数 80人、採用候補者数 13人、倍率 6.2倍)
  • 栄養教諭(受験者数 24人、採用候補者数 2人、倍率12.0倍)
  • 合計 受験者数1206人 採用候補者数266人 倍率 4.5倍

【8】一般選考の試験内容と試験ごとの配点(合格基準点があれば併せて)

○1次試験満点

  • 一般・教職教養試験 100点
  • 専門試験 小学校(特別支援学校含む) 320点
  • 専門試験 小学校以外(特別支援学校含む) 100点
  • 特別支援教育に関する事項 50点
  • 集団討論 120点

○二次試験満点

  • 面接(模擬授業・個人面接) 150点
  • 小論文 60点
  • 音楽実技 小学校(特別支援学校含む) 50点
  • 体育実技 小学校(特別支援学校含む) 50点
  • 美術実技 中学校(特別支援学校含む) 100点
  • 音楽・保健体育・家庭・英語実技 中学校・高等学校(特別支援学校含む) 100点

※ 2022年度教員採用選考試験(2021年度実施)では、新型コロナウイルス感染症の影響により、集団討論及び小学校の体育・音楽の実技試験を取り止めとしました。

【9】論文試験の課題内容(校種別)と指定字数

 教師には、高度専門職としての高い知識や技能、指導力が求められます。このことについて、あなたはどのように取り組んでいくか、自身がこれまで培ってきたことに触れながら具体的に述べなさい。(600字以上800字以内で書くこと。)(全校種同じ課題)

【10】面接試験(集団討論、模擬授業、場面指導を含む)の実施方法(面接形式、所要時間、実施の流れ、主な質問内容、その他留意点など)

○第1次試験 集団討論

※ 新型コロナウイルス感染症の影響により実施を取り止めとしました。

○第2次試験 模擬授業・個人面接

 青森県教育委員会のホームページにおいて、評価基準を公開しております。

【トップページに戻る】

あなたへのお薦め

 

特集