【2023年度教員採用試験】採用担当課長に聞く最新動向 岡山市

岡山市教育委員会教職員課長 斎藤靖

【1】求める教師像

「自立に向かって成長する子ども」の育成を推進する教員

  • 岡山市の教育に夢と希望をもち、使命感に燃えている人
  • 子どもへの愛情をもち、自らも成長していくことができる人
  • 子どもの知・徳・体のバランスのとれた力を向上できる専門的な知識・技能のある人
  • 中学校区を単位とした学校園一貫教育(岡山型一貫教育)と岡山市地域協働学校の趣旨を理解し、実践することができる人
  • 社会の変化や新しい教育課題に柔軟に対応できる人
  • 豊かなコミュニケーション能力、社会人としての良識をもち、他者と協調できる人

【2】選考の特徴及び実施要項の主な変更点

[選考の特徴]

 選考区分としては一般選考と特別選考(社会人特別選考・教職経験者特別選考・講師特別選考・理科教育推進の特別選考・大学等推薦特別選考)がある。

[変更点]

 変更点1) 教職経験者を対象とした特別選考の年齢を緩和※教職経験者を対象とした特別選考についてのみ、50歳未満の者(昭和48年4月2日以降に生まれた者)とする。

 変更点2) 出願方法の変更 ※出願については、電子申請(インターネット)で行うこととする。

【3】説明会、願書配付及び受付、各試験の日程

※令和3年度実施参照

  • 説明会:令和3年4月21日(水)~令和3年5月14日(金)
  • 願書配布及び受付:令和3年度実施参考
    • 願書配布:令和3年4月14日(水)~令和3年5月7日(金)
    • 受付期間:令和3年4月21日(水)~令和3年5月14日(金)

【4】校種別(小学校・中学校・高校・特別支援・養護・栄養)の採用見込数

※令和3年度実施参照

  • 小学校:100人程度〔英語枠 若干人〕〔小中連携推進枠 5人程度〕〔特別支援教育推進枠 若干人〕
  • 中学校:55人程度〔小中連携推進枠 5人程度〕〔特別支援教育推進枠 若干人〕
  • 養護教諭:5人程度
  • 栄養教諭:1人程度
  • 身体に障害のある者を対象とした選考:若干人

【5】人物評価の選考観点

主な評価の観点

「コミュニケーション能力」「意欲的態度、使命感」「教育的愛情、向上心」「社会性、協調性」

【6】受験予定者へのメッセージ

 教育に対する揺るぎない情熱(使命感・向上心)と、教育の専門家として確かな力量(授業力・子ども理解の力・マネジメント力)をもった、人間力(人間関係力・人間性)にあふれた人材を求めています。


2022年度採用選考(2021年実施)について 

【7】校種別(小学校・中学校・高校・特別支援・養護・栄養)の受験者数、合格者数、合格倍率

  • 受験者数:小学校 314人、中学校 231人、養護 46人、栄養 22人
  • 合格者数:小学校 102人、中学校 57人、養護 5人、栄養 1人
  • 合格倍率:小学校 3.1倍、中学校 4.1倍、養護 9.2倍、栄養 22倍

※身体に障害のある者を対象とした選考を除く

【8】一般選考の試験内容と試験ごとの配点(合格基準点があれば併せて)

[第1次試験] 総合教養試験(20問・50分間)と集団活動

[第2次試験] 教科専門試験(100点・60分間・記述式)…小学校・中学校

養護に関する専門試験(100点・60分間・記述式)

栄養に関する専門試験(100点・60分間・記述式)

個人面接

実技

模擬授業(模擬場面指導)・口頭試問

【9】論文試験の課題内容(校種別)と指定字数

 論文は実施していない。

【10】面接試験(集団討論、模擬授業、場面指導を含む)の実施方法(面接形式、所要時間、実施の流れ、主な質問内容、その他留意点など)

 具体的な内容・実施方法についてはお答えすることができません。

【トップページに戻る】

あなたへのお薦め

 

特集