【2023年度教員採用試験】採用担当課長に聞く最新動向 広島県・広島市

広島県教育委員会教職員課長 大島裕

【1】求める教師像

 広島県では、求められる教職員像を定め、教職員の人材育成等に取り組んでいます。

 教職員には、①高い倫理観と豊かな人間性、②子供に対する教育的愛情と教育に対する使命感、③専門性を発揮し、的確に職務を遂行できること、④社会や子供の変化に柔軟に対応できること、⑤確かな授業力、⑥豊かなコミュニケーション能力、⑦新たなものに積極的に挑戦する意欲、⑧他の教職員と連携・協働し、組織的に職務を遂行できることが求められると考えています。

 広島市では、①教職に対する強い責任感、②自主的に学び続ける力、③深い教育的な愛情、④確かな専門的知識、⑤確実に実践できる力、⑥新たな学びの実践的指導力、⑦豊かな人間性や社会性、⑧高いコミュニケーション能力、⑨チームで対応できる力、⑩地域や社会の多様な組織等と連携・協働できる力が求められると考えています。

【2】選考の特徴及び実施要項の主な変更点

 令和5年度広島県・広島市公立学校教員採用候補者選考試験については、現時点では、未定です。詳細については、令和4年4月中旬に公表予定です。

【3】説明会、願書配付及び受付、各試験の日程

  • 説明会:4月中旬から下旬にかけて実施予定です。説明会開催地は、広島県内6か所、中国、四国のすべての県、東京、愛知、京都、大阪、奈良、兵庫、福岡を予定しています。
  • 願書配付:4月中旬からを予定しています。
  • 受付:4月11日~5月11日
  • 1次試験:7月16日・17日
  • 2次試験:8月19日~8月21日
  • 現職教員を対象とした特別選考:8月27日
  • グローバル人材を対象とした特別選考<教職経験者(英語)>:8月27日
  • 最終合格発表:9月26日

【4】校種別(小学校・中学校・高校・特別支援・養護・栄養)の採用見込数

 現時点では、未定です。4月以降に公表します。

 なお、令和4年度広島県・広島市公立学校教員採用候補者選考試験(令和3年度実施)実施要項における採用見込数については、次のとおりでした(校種・職種別)。

  • 小学校教諭 県:310人程度 市:150人程度
  • 中学校教諭 県:180人程度 市:120人程度
  • 高等学校教諭 県:130人程度 市:24人程度
  • 特別支援学校教諭 県:70人程度 市:22人程度
  • 養護教諭 県:20人程度 市:8人程度
  • 栄養教諭 県:5人程度 市:2人程度

【5】人物評価の選考観点

 広島県・広島市が策定、公表している「求められる教職員像」を踏まえ、物事を的確に理解・判断し、自分の考えを分かりやすく説明する力、生徒指導や教科指導の力量、児童生徒に対する愛情、教育に対する熱意等を多角的に評価しています。

【6】受験予定者へのメッセージ

 広島県・広島市では、それぞれ「求められる教職員像」を明らかにし、教職員の人材育成に取り組むとともに、これを踏まえて自らの資質能力を高めていくことのできる教員を求めています。


2022年度採用選考(2021年実施)について 

【7】校種別(小学校・中学校・高校・特別支援・養護・栄養)の受験者数、合格者数、合格倍率

別紙参照

【8】一般選考の試験内容と試験ごとの配点(合格基準点があれば併せて)

 試験内容、配点又は主な評価項目については、次のとおりです(第1次試験・一般選考)。

  • 教職に関する専門教育科目
    • 教育原理、教育法規等に関する専門的内容についての筆記試験 配点:50点
  • 教科に関する専門教育科目(養護教諭は養護に関する専門教育科目、栄養教諭は栄養に関する専門教育科目)
    • 受験教科に関する専門的内容についての筆記試験 配点:200点
    • (養護に関する専門的内容についての筆記試験 配点:200点)
    • (栄養に関する専門的内容についての筆記試験 配点:200点)

【9】論文試験の課題内容(校種別)と指定字数

 論文試験は実施しておりません。

【10】面接試験(集団討論、模擬授業、場面指導を含む)の実施方法(面接形式、所要時間、実施の流れ、主な質問内容、その他留意点など)

 個人面接及び模擬授業面接を実施しました。

 個人面接試験においては特に定まった質問はありませんが、次のことを評価できるよう面接を行っています。

  • 児童生徒に対する愛情、教育に対する熱意、意欲等を持っている
  • 自ら進んで事にあたり、より効果的に行おうとする意思がある
  • 組織の中で自己の役割を認識し、良好な人間関係を築くことができる

 模擬授業面接試験については、当日提示される資料に沿って、受験者が学習指導案を作成し、児童生徒を想定した授業を行った後、面接を実施しました。模擬授業の主な評価項目は、次のとおりです。

  • 児童生徒の考えを引き出す発問ができ、専門的な知識・技能など十分な指導力をもっている
  • 児童生徒を引き付ける表情、動作ができるなど表現力が豊かである
  • 児童生徒に共感的、受容的な対応ができる

※一般選考による試験項目について回答

【トップページに戻る】

あなたへのお薦め

 

特集