【2023年度教員採用試験】採用担当課長に聞く最新動向 香川県

香川県教育委員会高校教育課長 金子達雄

【1】求める教師像

 香川県では、①教育に対する情熱をもち、素養と資質を備えた教員 ②専門的な知識・技能と指導力を有し、社会変化や教育課題に適切に対応できる教員 ③連携・協働しながら学校運営に積極的に参画する教員 を求めています。

【2】選考の特徴及び実施要項の主な変更点

 資質、能力及び適性等を多面的に評価するため、総合教養(教職教養含む)、専門教養の各筆記試験に加え、集団面接と個人面接のほか、実技、適性検査、模擬授業等の多様な選考方法を実施し、人物重視の選考を行っています。

 2023年度の主な変更点は、次の4点です。

  1. 特別選考Ⅰについて、高等学校又は特別支援学校の教諭を志望する者で、国内の教職大学院を修了する予定の者を対象に加えます。
  2. 特別選考Ⅲ(他の都道府県・指定都市の現職者)において 、これまで小学校又は中学校の教諭を志願する者を対象としていましたが、令和 5 年度採用選考試験から、高等学校及び特別支援学校の教諭を志望する者を対象に加えます。
  3. 小学校又は中学校の教諭を志願する者を対象に、関西地方で第1次選考試験と第2次選考試験における面接試験を実施します。
  4. 出願方法は、原則、「インターネットによる出願(電子申請)」 のみとします。

【3】説明会、願書配付及び受付、各試験の日程

 2023年度採用選考試験の日程は以下のとおりです。

 なお、新型コロナウイルス感染拡大の状況などによって、説明会、選考試験の日程や内容を変更することがあります。

  • 説明会:2022年5月上旬
  • 願書配付:2022年5月上旬から
  • 受付期間:2022年5月6日(金)~27日(金)17:00
  • 第1次選考試験 2022月7月16日(土)~19日(火)、21日(木)
  • 第2次選考試験 2022年8月20日(土)~24日(水)、26日(金)~28日(日)

【4】校種別(小学校・中学校・高校・特別支援・養護・栄養)の採用見込数

 現在のところ採用見込数は未定です。(2022年度採用試験における採用見込数は、小学校・中学校:200人程度、高等学校・特別支援学校:51人程度、養護教諭:4人程度、栄養教諭:1人程度)

【5】人物評価の選考観点

 2023年度選考については、5月上旬公表の実施要項において公表します。前年度は、下記の観点で評価を行いました。なお、小論文は2021年度選考から廃止しました。

  • 第1次選考試験:集団面接
    • 豊かな人間性、積極性、柔軟性、社会性、協調性などがあるか。
  • 第2次選考試験:模擬授業
    • 課題を的確にとらえ、適切な言葉でわかりやすく指導できているか。
    • 児童生徒の意欲や関心を引き出し、課題解決へと導く工夫がみられるか。
    • 表現力が豊かで、児童生徒をひきつける魅力があるか。
  • 第2次選考試験:個人面接
    • 教育に対する情熱をもち、教員としての素養と資質が備わっているか。
    • 専門的な知識・技能と指導力を有し、社会変化や教育課題に適切に対応する力があるか。
    • 連携・協働しながら学校運営に積極的に参画する力があるか。
  • 第2次選考試験:英語志願者に対する英語面接試験
    • 相手の意向や考え方を正確に聞き取る力があるか。
    • 英語で自分の意向や考え方を正確に伝える力があるか。
    • 英語教育に関する知識・技術をもち、英語教員としての指導力があるか。

【6】受験予定者へのメッセージ

 教員としての専門的な知識や技能に加え、個性を生かす教育の実現や社会の変化への対応など学校教育が直面するさまざまな課題に適切に対応できる人を求めています。積極的に多くの人とコミュニケーションをとることや、本県や社会全般の動きに関する情報を得るよう努め、社会の変化に柔軟に対応できる力を身に付けてください。

2022年度採用選考(2021年実施)について 

【7】校種別(小学校・中学校・高校・特別支援・養護・栄養)の受験者数、合格者数、合格倍率

  • 小学校:受験者数(412)、合格者数(125)、合格倍率(3.3)
  • 中学校:受験者数(324)、合格者数(85)、合格倍率(3.8)
  • 高等学校:受験者数(271)、合格者数(34)、合格倍率(8.0)
  • 特別支援学校:受験者数(74)、合格者数(17)、合格倍率(4.4)
  • 養護教諭(小学校・中学校):受験者数(65)、合格者数(4)、合格倍率(16.3)
  • 養護教諭(高等学校・特別支援学校):受験者数(58)、合格者数(1)、合格倍率(58.0)
  • 栄養教諭:受験者数(23)、合格者数(1)、合格倍率(23.0)

【8】一般選考の試験内容と試験ごとの配点(合格基準点があれば併せて)

  • 第1次選考試験
    • 総合成績(小・中・養教・栄教は190点満点、高・特支は160点満点に換算)
    • 総合教養:(100点)
    • 専門教養:[小学校](200点)
      • 国語(35点)、社会(35点)、数学(35点)、理科(35点)、外国語及び外国語活動(20点)の合計点を200点満点に換算。
    • [特別支援学校小学部](150点)
      • 国語(35点)、社会(35点)、数学(35点)、理科(35点)、外国語及び外国語活動(20点)の合計点を150点満点に換算。
    • [中学校、高等学校、養護教諭、栄養教諭]
      • 志願した教科・科目(200点(実技を含む。))
    • [特別支援学校中学部、特別支援学校高等部]
      • 志願した教科・科目(150点(実技を含む。))
      • 特別支援教育に関する専門教養:(150点)
      • 面接試験:[小学校、中学校、養護教諭、栄養教諭]90点
    • [高等学校、特別支援学校]60点
      • 合格基準点はなし。
  • 第2次選考試験
    • 総合成績(英語以外の受験者は70点満点、英語受験者は85点満点に換算)
    • 模擬授業:(20点)、面接試験:(50点)、英語による面接:(15点)
    • 合格基準点はなし。

【9】論文試験の課題内容(校種別)と指定字数

 小論文は2021年度選考から廃止。

【10】面接試験(集団討論、模擬授業、場面指導を含む)の実施方法(面接形式、所要時間、実施の流れ、主な質問内容、その他留意点など)

  • 面接形式、所要時間など
    • 第1次選考試験=面接試験(集団面接)
      • 小・中・養教・栄教:1グループ5~8名程度、30分間程度で与えられたテーマについての自由討議と個人への質問
      • 高・特支:1グループ5~8名程度、30分間程度で教育に関するテーマについての自由討議
      • ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、次のとおり変更して実施した。
      • 小・中・養教・栄教は、1グループ6名程度、時間は20分間程度に短縮
      • 高・特支は、1グループ5名程度、時間は25分間程度に短縮。
    • 第2次選考試験=面接試験(個人面接)
      1. 模擬授業 与えられた課題についての模擬授業と授業に関する質問(15分間程度)
      2. 第1面接 小・中・養教・栄教:10分間程度
        • 小学校志願者には、英語による質問を1問程度実施
        • 高・特支:15分間程度
      3. 第2面接 小・中・養教・栄教:5分間程度(特別選考Ⅲは10分間程度)
        • 高・特支:10分間程度
      4. 英語による面接 中・高・特支中・特支高の英語志願者のみ実施:10分間程度
  • 主な質問内容
    • 「教育に対する情熱」、「素養と資質」、「専門的な知識・技能」、「指導力」、「適応力」、「連携・協働」、「積極性」の観点に基づいた質問。

【トップページに戻る】

あなたへのお薦め

 

特集