【2023年度教員採用試験】採用担当課長に聞く最新動向 富山県

富山県教育委員会教職員課長 福島潔

【1】求める教師像

 本県が求める教員は、総合的な人間力を持ち、子どもが大好きで、あふれる情熱と慈しみの心を持って目の前の児童生徒と関わることができ、困難にへこたれない忍耐力や新しい課題にも果敢に取り組む積極性を持っている人です。
「元気とやま」の創造をめざす富山県では、たくましく生きる力を持った“富山の子ども”をはぐくむため、意欲と情熱のある人を求めています。

【2】選考の特徴及び実施要項の主な変更点

 別紙1参照

【3】説明会、願書配付及び受付、各試験の日程

 未定です。昨年の日程は下記のとおりです。

  • 願書交付 令和3年4月30日(金)から
  • 願書の受付期間 令和3年5月7日(金)から令和3年6月1日(日)
  • 第1次検査 令和3年7月17日(土)、18日(日)
  • 第2次検査 令和3年8月21日(土)、22日(日)

【4】校種別(小学校・中学校・高校・特別支援・養護・栄養)の採用見込数

 未定です。昨年の採用予定数は330名程度でした。

【5】人物評価の選考観点

 集団面接では、話し合いに対する貢献度、社会性、論理性、態度などを評価します。また、個人面接では、教職適性、人柄、態度などを評価します。

【6】受験予定者へのメッセージ

 「富山県教育委員会重点施策」や「教委だより」(ともに本県のHPから入手可能)を読んでおいてください。また志願する種目(教科)の専門的知識に加えて、社会情勢やその問題点を、新聞などを通して学んでください。教員は児童生徒に大きな影響を与える存在です。「命の尊厳を常に自己に問いかけ、人に伝えることができる力」「人の喜びや悲しみに気づき共感する力」「絶えず自己を研鑽し、人格を築く力」など、日々「総合的な人間力」を育て、自分自身を高める努力をしてもらいたいと考えます。


2022年度採用選考(2021年実施)について 

【7】校種別(小学校・中学校・高校・特別支援・養護・栄養)の受験者数、合格者数、合格倍率

  • 小学校:受検者253、登載者160 
  • 中学校・高等学校:受検者344、登載者141
  • 特別支援学校A:受検者38、登載者20
  • 特別支援学校B:受検者12、登載者4
  • 養護教諭:受検者54、登載者7
  • 栄養教諭:受検者16、登載者3 
  • 合計 受検者717 登載者 335 ※全校種の倍率は2.1倍です。

【8】一般選考の試験内容と試験ごとの配点(合格基準点があれば併せて)

別紙2参照

【9】論文試験の課題内容(校種別)と指定字数

 (特別選考)「当たり前」と題して、あなたが志望する校種の児童生徒に対して伝えたいことを、自分の経験を踏まえて800字以内で述べなさい。

【10】面接試験(集団討論、模擬授業、場面指導を含む)の実施方法(面接形式、所要時間、実施の流れ、主な質問内容、その他留意点など)

  • 集団面接=当日与えられたテーマについて、討論を行う。面接委員3人、5~6人で1グループ。面接時間20分。
  • 個人面接(特別選考)=面接委員3人、面接時間10分。
  • 個人面接(2次検査)=面接官3人、自己アピール・模擬授業を含めて20分の個人面接。

【トップページに戻る】

あなたへのお薦め

 

特集